PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

野菜コンクリート

〈コラム〉風鐸2021年6月15日 09時22分

野菜の切れ端や果物の皮を原料にコンクリートよりも強い建築素材を開発した、と東京大生産技術研究所の研究グループが最近発表した。技術が実用化されれば、生ごみや食品ロスの減量、地球温暖化の抑制につながることが期待できるという◆発表によれば、玉ねぎやキャベツなどの生野菜をフリーズドライ(凍結乾燥)し粉砕後、様々な条件で加熱・圧縮成形すると、コンクリートよりも高い「曲げ強度」が達成できた。白菜では約4倍にもなった◆生野菜が熱圧縮で高い強度を得るメカニズムは「検討中」だが、食材中の糖類が熱で軟化し圧力で隙間を埋めるからでは、と予想。製造条件を調整すれば、原料の色や香りを保ち、粉末に塩や砂糖、調味料を加えて強度を維持したまま食用にもできるという◆同グループはがれきをコンクリートに再生する技術も開発しており、生ごみをコンクリートに代わる建築素材にできれば、年間約600万㌧の食品ロス、約1930万㌧の食品廃棄物を減らすことができると見込む◆完全植物由来の新素材製造技術は世界初という発表を日本メディアはほとんど取り上げなかったが、英国紙デーリー・メールが報じ、ユーチューブで話題になった。コメント欄は「ノーベル賞級の成果だ」「いや、イグノーベル賞だろう」。確かに植物コンクリートの建物はネズミにかじられないか、気になる。(士竪俊一郎)

5時間を12時間で

10月18日

JR西日本の長距離列車「WEST EXPRESS銀河」が人気だ。エクスプレス(急行)と名付けられているが、特急を使えば5時間の京都―新宮(和歌山県)間を12時間以上かけて…

モンゴルと寛容性

10月11日

歴代最多となる45度の優勝を誇る大相撲の横綱白鵬(36)が現役を引退する。2001年春場所が初土俵なので、実に20年以上活躍し、角界に君臨し続けてきた大横綱である◆モンゴ…

イグノーベル賞

10月4日

ノーベル賞のパロディーである「イグノーベル賞」の今年の受賞10組の一つに京都工芸繊維大の助教らの研究チームが選ばれた。「歩行者同士が時に衝突する理由」について群衆の先頭に…

一人の選択と責任 地球の明日を生きるために

社説10月22日

AID出生者の苦悩 寄り添いと技術の歯止めを

社説10月21日

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加