PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

吉報を届ける

〈コラム〉風鐸2021年6月28日 09時49分

かつて宮中では、女房言葉が言葉遊びのようにして用いられた。語尾に「もじ」を付けた「もじことば」もはやった。「ひもじい」は空腹を意味する「ひだるし」の「ひ」に「もじ」を付けたとされる◆これらは『御湯殿上日記』に残る。宮中における日々の儀式などについて約200年間にわたり書き継がれたもので、題名は天皇に仕える女官たちの控えの間が「湯殿の上」だったことに由来する◆今日6月16日は菓子を神前に捧げる「嘉祥の日」だった。諸説あるようだが、848(承和15)年6月、白亀が大宰府に献上され、吉報であるとの神託を受けた仁明天皇が、神仏に菓子を供えて「嘉祥」と改元したことに基づく。当時も疫病が流行していたという。以来、日本では6月16日、16個の餅や菓子を神前に供えて疫病退散を祈願する。この風習は明治時代まで続いた◆寺社には菓子や米等のお供え物が届くが、これらを貧困家庭の子どもたちに配る取り組みが広まりつつある。フードバンクやフードパントリー、フードドライブ――形態に多少の違いはあっても、菓子が届くことは子どもたちにとって吉報に違いない◆次代を担う子どもたちに「ひもじい」思いをさせてはならない。今日は故事に倣い、神仏に餅や菓子を供えてコロナ退散、子どもたちの身体健康を祈ってはどうだろうか。(赤坂史人)

モンゴルと寛容性

10月11日

歴代最多となる45度の優勝を誇る大相撲の横綱白鵬(36)が現役を引退する。2001年春場所が初土俵なので、実に20年以上活躍し、角界に君臨し続けてきた大横綱である◆モンゴ…

イグノーベル賞

10月4日

ノーベル賞のパロディーである「イグノーベル賞」の今年の受賞10組の一つに京都工芸繊維大の助教らの研究チームが選ばれた。「歩行者同士が時に衝突する理由」について群衆の先頭に…

名は表す

9月27日

親と上司は選べない、などと言われる。その通りであるかもしれず、あるいは逆もまたしかりなのかもしれない。もっとも、選べない不条理を嘆くための言葉ではなく、選べないからこそ互…

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日

いのちは選べるか 生かすためになすべきこと

社説10月13日

コロナの出口戦略 冒険するか安全策を取るか

社説10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加