PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

東西本願寺の違い

〈コラム〉風鐸2021年7月5日 09時53分

浄土真宗の教えに、罪悪深重の凡夫たる自覚という「機の深信」と、衆生救済の阿弥陀仏の本願という「法の深信」からなる「二種深信」という考え方があり、大谷派は機の深信、本願寺派は法の深信を重視するとされる◆大谷派の場合、例えば、同朋会運動は「絶えざる自己批判精神を本質とする」と言われたり、同派の言説に「問われている」という表現が多用される点に機の深信重視の姿勢が表れている。阿弥陀仏の智慧の光に照らし出された「この私」の有り様を取り上げる傾向が強い。一方、本願寺派では法の深信を説いて、阿弥陀仏への報恩感謝を強調することが多い◆これを巡って大谷派の僧侶から「本願寺派の法話はありがた話ばかり」、本願寺派の僧侶から「大谷派は『問われている』と言うばかりで安心がどこにあるのか分からない」と悪口めいた批判を聞くことがあるが、それだけ両者が意識し合っていることの表れだろう◆ある布教使から「大谷派の寺院が多い北陸で法の深信の話をしたら『物足りない』と言われ、本願寺派の安芸門徒で知られる広島で機の深信の話をしたら『厳し過ぎる』と不評だった」との話を聞いたこともある◆コロナ禍以降、伝統仏教界ではオンライン法話が盛んになり、様々な宗派の法話を気軽に視聴できる機会が増えた。宗風の違いにも注目するとさらに味わい深くなるかもしれない。(池田圭)

モンゴルと寛容性

10月11日

歴代最多となる45度の優勝を誇る大相撲の横綱白鵬(36)が現役を引退する。2001年春場所が初土俵なので、実に20年以上活躍し、角界に君臨し続けてきた大横綱である◆モンゴ…

イグノーベル賞

10月4日

ノーベル賞のパロディーである「イグノーベル賞」の今年の受賞10組の一つに京都工芸繊維大の助教らの研究チームが選ばれた。「歩行者同士が時に衝突する理由」について群衆の先頭に…

名は表す

9月27日

親と上司は選べない、などと言われる。その通りであるかもしれず、あるいは逆もまたしかりなのかもしれない。もっとも、選べない不条理を嘆くための言葉ではなく、選べないからこそ互…

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日

いのちは選べるか 生かすためになすべきこと

社説10月13日

コロナの出口戦略 冒険するか安全策を取るか

社説10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加