PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

罪悪感

〈コラム〉風鐸2021年7月12日 09時15分

テレビなどで耳にするたびに違和感を持つ言葉がある。若い女性が語る「罪悪感」がそれだ。文字面は倫理的だが、語り方は軽い。お菓子などカロリーの高い物を食べる時、太る恐怖と食欲の葛藤を表現していることが多い◆「罪悪」を感じる背景には何らかの守るべき価値がある。望ましい体形を維持する理想へ向けて頑張る自己の決意を裏切ることが「罪悪感」につながるわけだ◆誰かが気の利いた言い回しとして使い始めたのが広まったのだろう。罪悪感とは大げさな、などと目の色を変えて論じるほどのことはないかもしれない◆スイーツを食べて感じる罪悪感は私事の範囲だが、社会で共有されてきた価値、理念に対する裏切りの罪は重い。「アルマゲドンでもない限り、東京オリンピックは開催する」というIOC幹部の発言などはまさにそれだ。近代オリンピックの理念とされてきたものを、自ら否定するとしか言いようがない。「罪悪感」もなく発せられた発言から、IOCとその周辺の体質が想像できる。カルト的オリンピック至上主義には共鳴できない◆国や社会を支える根本的価値を揺るがす行動が私利私欲によって行われているのをしばしば目にする。潔白を主張する権力者がお菓子を食べる少女たちのように「罪悪感」を白状するのは想像しにくいが、「罪悪感」のかけらも見えない姿は背筋が寒くなる。(津村恵史)

モンゴルと寛容性

10月11日

歴代最多となる45度の優勝を誇る大相撲の横綱白鵬(36)が現役を引退する。2001年春場所が初土俵なので、実に20年以上活躍し、角界に君臨し続けてきた大横綱である◆モンゴ…

イグノーベル賞

10月4日

ノーベル賞のパロディーである「イグノーベル賞」の今年の受賞10組の一つに京都工芸繊維大の助教らの研究チームが選ばれた。「歩行者同士が時に衝突する理由」について群衆の先頭に…

名は表す

9月27日

親と上司は選べない、などと言われる。その通りであるかもしれず、あるいは逆もまたしかりなのかもしれない。もっとも、選べない不条理を嘆くための言葉ではなく、選べないからこそ互…

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日

いのちは選べるか 生かすためになすべきこと

社説10月13日

コロナの出口戦略 冒険するか安全策を取るか

社説10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加