PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

夢の宇宙旅行

〈コラム〉風鐸2021年8月2日 10時22分

著名な実業家二人が先頃、相次いで宇宙旅行に成功した。英国のリチャード・ブランソン氏(71)と米国のジェフ・ベゾス氏(57)だ。二人は航空会社やIT大手を創業した大富豪で、自ら宇宙ベンチャーの開発機で成層圏を超える80~100㌔上空を飛行し、無事帰還した◆地球を飛び出して月や火星に赴く宇宙旅行は人類の夢だ。たとえ生命の危険があるとしても挑戦する価値のある冒険だろう。莫大な富を築き、功成り名を遂げた起業家にも宇宙旅行は少年の頃からの夢だったに違いない。二人は国家主導でない民間宇宙旅行の先駆けとして歴史に名を刻んだ◆地球を宇宙から眺めた最初の人類は旧ソ連空軍のユーリイ・ガガーリン少佐だ。1961年、ボストーク1号に乗り、地球を一周。「空は暗かったが、地球は青かった」との名言で一躍、世界的英雄となったが、7年後に墜落死した◆ブランソン氏は熱気球での太平洋横断など冒険家としても知られる。今回の試験飛行では4分間の無重力体験に興奮し、「青い地球が見られた」と少年のようにはしゃぐ姿がニュースで流れた◆米連邦航空局は6月、商業宇宙旅行の開始を許可、本格的な宇宙旅行時代を迎えた。2040年には10兆円規模の産業になる試算もある。ただ、現時点の旅費は1人25万㌦(約2700万円)。庶民には宇宙旅行はまだ夢のまた夢だ。(士竪俊一郎)

数学者の出番か

11月29日

文化勲章を今年受章した数学者の森重文・京都大特別教授(70)は高校生の時から天才ぶりを知られていた。受験数学月刊誌の高難度の学力コンテストで毎号ほぼ満点を連発し、2年近く…

ゼロから始める

11月24日

イギリスなど主に欧州のエレベーターに乗って戸惑うのは、階数の表示である。日本でいう2階は1、3階は2、といった具合に一つずつずれている。では1階はどうかというと、「グラウ…

ムクドリのねぐら

11月15日

京都駅の八条口近くにクスノキの巨木が立っていた。駅周辺の景観に緑を添える植樹としてなじんでいたが、これが人間にとって迷惑な事態を招いた。日暮れ時になるとムクドリの大群が押…

見えざるものの力 死者との関係を取り戻す

社説11月26日

卵子凍結 いのちを豊かにする技術?

社説11月24日

ある看護師の昇天 マザー・テレサと共に

社説11月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加