PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

経年美化

〈コラム〉風鐸2021年8月23日 09時12分

「経年美化」という言葉を時々目にするようになった。経年劣化とは逆に、年を経るごとに美しくなっていくことを言う。筆者が最初にこの言葉を聞いたのは、ペルシャ絨毯に関してだった。床の上の芸術品とも称されるペルシャ絨毯は、踏まれると色に深みが増し独特の風合いが生まれる◆昨年亡くなった俳優・三浦春馬さんは、愛用の岩手漆器をテレビ番組で紹介し「徐々に色落ちしていく経年美化を楽しめるのが漆の良さ」と語った。これが多くの人の心に響いたようで、幅広い世代に経年美化という言葉が浸透した◆年月を経たものを劣化と見るか美化と見るかは、個々人の受け止め方次第だ。古い物の良さに目を向けようとする人が増えるのは好ましい。大量消費からSDGsへと、時代の潮流も変わりつつある◆寺社では建物でも什物でも、彩色が剝げたり、すすで黒ずんだりしている方がありがたく思えるものだ。経てきた年月の分、信者が手を合わせてきた重みが感じられるからだろうか◆むろんただ漫然と年月を経れば美しくなるというわけではない。使うことで生まれる美しさは、しまいっ放しでは出てこないし、乱雑に扱っていたら壊れてしまう。日々踏まれることで魅力を増していくペルシャ絨毯のように、私たちもその日なすべき仕事を丁寧にし、自分の役割が果たせるだけの学びを心掛けていきたいと思う。(有吉英治)

縄文パワー

9月13日

本欄は2011年にスタートし今年で丸10年を迎えた。東北の震災復興の力になればと筆者が初めて書いたテーマは「縄文のパワーで」。その時に取り上げた「北海道・北東北の縄文遺跡…

青い光点

9月6日

アメリカ国防総省のUFO目撃情報に関する報告書が話題になっているようだ。UFOの正体は何か、本当に「宇宙人」はいるのだろうか――関心の持ち方は人様々だが、たとえUFOでは…

東と西の法話

8月30日

説教には古来、五段法や序破急などの技法や構成があるが、布教使制度を持たない大谷派は「法話はハウツーではない」と強調する。同派の同朋会運動は「封建的体質の克服」を掲げるが、…

「テロとの戦い」の錯誤 宗教者の平和活動の意義

社説9月17日

東京五輪の光と闇 開催理念の再確認を

社説9月15日

いまも消えぬ悲しみ 犠牲者遺体捜し続ける遺族

社説9月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加