PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

名は表す

〈コラム〉風鐸2021年9月27日 09時17分

親と上司は選べない、などと言われる。その通りであるかもしれず、あるいは逆もまたしかりなのかもしれない。もっとも、選べない不条理を嘆くための言葉ではなく、選べないからこそ互いを敬うべしとの金言と読めなくもない◆ほかにも選ぶことのできないものがあるとしたら、名前などはそうだろう。人は生まれてまだ物心のつかないうちに与えられた名前を背負い、名前と共に育ち、死んでいく。死に際して付けられる戒名も、生前戒名などを除けば選択できない名前と言える◆近年、いわゆる「キラキラネーム」が増え、凝りに凝った漢字や読み方の名前も多い。キラキラネームを巡っては、度を越した名前を苦にして改名する人もいるという。そんなキラキラネームが、制限されることになるかもしれない◆上川陽子法相は7日、氏名の読み仮名を戸籍の記載事項とするための検討を、法制審議会に諮問するとした。読み仮名を登録することで、検索や管理といった事務手続きを効率化し、行政デジタル化を推進する狙いがある。漢字本来の読み方でない名前をどこまで許容するかなども議論される◆名は体を表す、とも言う。間違っても、名は「他意」を表すものではない。親や祖父母らが、何らかの願いを込めて付けたはずの名前である。選べないからこそ大切にし、選べないからこそ大切に名付けてもらいたい。(三輪万明)

バチカン大使

1月17日

一昨年春まで4年間、駐バチカン大使に在任した中村芳夫氏の『バチカン大使日記』(小学館新書)を面白く読んだ。経団連の生え抜きで事務総長・副会長を務め、第2次安倍内閣の内閣官…

来年の漢字は

12月27日

京都・清水寺で発表された今年の漢字は「金」だった。2年前、2020年の漢字として本欄で予想していたが、1年遅れで的中?したことになる。2位はわずかの差で「輪」。東京五輪の…

東西の安心

12月20日

各地での法話やNHKEテレ「こころの時代」の司会などで知られた大谷派の門徒、亀井鑛氏から、東西本願寺の安心の特徴について大谷派は「首無し安心」、本願寺派は「幽霊安心」と言…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加