PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

モンゴルと寛容性

〈コラム〉風鐸2021年10月11日 09時57分

歴代最多となる45度の優勝を誇る大相撲の横綱白鵬(36)が現役を引退する。2001年春場所が初土俵なので、実に20年以上活躍し、角界に君臨し続けてきた大横綱である◆モンゴルと日本の交流の歴史は長い。特に鎌倉時代の元寇(蒙古襲来)は外国から侵略を受けた大事件で、歴史上に深く刻まれている。東北の片田舎に生まれた95歳の祖母は、子どもの頃に悪さをすると、大人たちに「モウコがくるぞ」と脅されたという◆ユーラシア大陸を広く支配したモンゴル帝国だが、宗教には寛容だったようだ。文永の役(1274)のちょうど20年前にあたる1254年、モンゴル帝国の都カラコルムで、キリスト教、イスラム教、仏教の宗教者らによる弁論大会が行われたことはあまり知られていない◆会場はキリスト教の一派・ネストリウス派の礼拝堂だった。同派は中国で「景教」と呼ばれ、日本にも影響を与えたと考える学者もいる。弁論大会では神の存在や善悪について議論され、諍いが起きることなく終わった。モンゴル人の寛容性と協調性がここに現れている◆角界では伝統の名の下に、いまだに外国人力士の存在が議論の的となる。しかし、そもそも大相撲の歴史そのものも大きく変容している。そうであるならば、日本人もモンゴル文化の寛容性に倣い、角界のヒーローを心から讃えたい。(赤坂史人)

イグノーベル賞

10月4日

ノーベル賞のパロディーである「イグノーベル賞」の今年の受賞10組の一つに京都工芸繊維大の助教らの研究チームが選ばれた。「歩行者同士が時に衝突する理由」について群衆の先頭に…

名は表す

9月27日

親と上司は選べない、などと言われる。その通りであるかもしれず、あるいは逆もまたしかりなのかもしれない。もっとも、選べない不条理を嘆くための言葉ではなく、選べないからこそ互…

対立を生む心

9月21日

ウイルス検査で陽性反応が出ても発症しない人(不顕性感染)や、自分がどこで感染したのか分からない感染経路不明の人も多く、感染リスクを避けるために間違いなく安心・安全だといえ…

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日

いのちは選べるか 生かすためになすべきこと

社説10月13日

コロナの出口戦略 冒険するか安全策を取るか

社説10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加