PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

ハートビート法

〈コラム〉風鐸2021年11月1日 09時53分

米テキサス州で9月に施行された州法が議論を呼んでいる。人工妊娠中絶をほぼ全面的に禁止する通称「ハートビート法」だ。2日には全米各地で抗議デモや集会が開かれ、参加者は「女性の権利を守れ」と声を上げた◆州法は妊娠6週目以降の中絶を禁止する。6週目は胎児の心拍(ハートビート)を検知できる時期だとされるが、妊娠に気付く女性は少ない。性的暴行や近親相姦による妊娠にも適用される。中絶に関わった医師らの訴追を第三者にも認めるなど全米で最も厳しい中絶規制とされる◆アメリカでは1973年の連邦最高裁判決で妊娠24週目頃までの中絶の権利が認められ、同様の中絶規制法が州レベルで成立しても地方の裁判所などで違憲とされてきた。バイデン政権もテキサス州法を「憲法違反だ」とし、法廷闘争が続いている◆妊娠中絶の是非は米世論を二分する対立軸だ。キリスト教信仰を背景に胎児の生命尊重を訴える保守派と、女性の選択権を重んじるリベラル派が長年論争を続けてきた。連邦最高裁はトランプ前政権時代に判事構成のバランスが崩れ、保守派が現在優位に立っている。中絶反対派は73年の判決を覆す好機と見ているようだ。司法の判断が注目される◆日本は中絶が認められ国政選挙の争点になりそうもないが、いのちに関わる問題として日本の宗教界でも議論が喚起されることを望みたい。(飯川道弘)

泉鏡花と感染症

12月6日

高校生の頃、小説家・泉鏡花(1873~1939)の作品を読もうとして難儀した思い出がある。幻想的な描写で知られるが、古語調の文体が難しく、本当に読んだのか、途中で諦めたの…

数学者の出番か

11月29日

文化勲章を今年受章した数学者の森重文・京都大特別教授(70)は高校生の時から天才ぶりを知られていた。受験数学月刊誌の高難度の学力コンテストで毎号ほぼ満点を連発し、2年近く…

ゼロから始める

11月24日

イギリスなど主に欧州のエレベーターに乗って戸惑うのは、階数の表示である。日本でいう2階は1、3階は2、といった具合に一つずつずれている。では1階はどうかというと、「グラウ…

情報のTsunami 救済は全人的知に基づく

社説12月3日

WCRP50年 新たな10年へ行動目標

社説12月1日

見えざるものの力 死者との関係を取り戻す

社説11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加