PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

怨親平等が米国に

〈コラム〉風鐸2022年2月7日 10時00分

メジャーリーガーの大谷翔平選手が今季の活躍を期して、早々と渡米したことが報じられた。昨年は日本人初の快挙となるMVPに選ばれ、投打にわたる活躍は「二刀流」という流行語を生んだ◆シーズン中、投手として投げた球が相手に当たった際、謝ったシーンがあった。米国では不文律があり、この場合、謝罪はしてはいけないという。日本の習慣が出てしまったのだろうか◆大谷選手は中尊寺などがある世界遺産の平泉に隣接する岩手県奥州市の出身。平泉は源義経が青年期を過ごし、兄・源頼朝に自害させられた場所でもある。義経の身軽なイメージを「翔」とし、平泉から一字取って「翔平」と名付けたと、父親が明かしている◆奥州藤原氏初代の藤原清衡が平泉の地に懸けた思いは、東北で続いた戦乱で亡くなった生きとし生けるものを敵味方なく弔う「怨親平等」を体現する仏国土の建設。地元ではこの点を強調し、世界遺産登録に向けた運動を展開、2011年に実現した。大谷選手は当時、高校生で、この運動などから怨親平等の精神を知ったに違いない◆死球を受けた相手の痛みを思わずにいられない大谷選手がした“謝罪”には、こうした背景があるのではと想像してしまう。既に二刀流の躍動でメジャーリーグの一部のルールを変えてしまったようだが、不文律さえも変更してしまうような活躍を今季も期待したい。(赤坂史人)

マスクと聴覚障害

5月23日

新型コロナウイルスの感染者数は依然減らない状況だが、本格的な夏を前に、屋外ならばマスクを着用しなくてもよいとの議論がある。熱中症のリスクを下げるためなどがその理由とされる…

脱マスク論

5月16日

長引くコロナ禍で必需品となった最たる物と言えば、やはりマスクだろう。当初の供給不足もなくなり、今やマスク着用はすっかり習慣化した。一方、ワクチン接種が進んだことや感染者数…

活躍するAI

5月2日

AI(人工知能)活躍社会が到来しつつある。NHKの気象情報やニュース番組を見ていると、画面の隅にAIアナウンサーの音声だと告知されていることがある。そのつもりで聞いても流…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加