PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

脱マスク論

〈コラム〉風鐸2022年5月16日 13時43分

長引くコロナ禍で必需品となった最たる物と言えば、やはりマスクだろう。当初の供給不足もなくなり、今やマスク着用はすっかり習慣化した。一方、ワクチン接種が進んだことや感染者数の推移を踏まえ、最近は「脱マスク」を巡る議論が出始めている◆日本は諸外国と違い、マスク着用が義務付けられていない。いわば、社会的な要請が着用を定着させたと言える。最終的には個々の判断だろうが、コロナ後を見据えた慎重な議論を期待したい◆丁寧な対応が求められるのは、こちらのマスクも同様だろう。米電気自動車大手テスラの最高経営責任者、イーロン・マスク氏である。総額440億㌦でツイッター社を買収し、世界に2億のユーザーがいるとされるソーシャルメディアを手にした◆同氏はこれまで、ツイッターによる投稿内容などの規制に反発し、言論の自由が守られていないと批判してきた。買収によって規制をどうするのか。ネット上のフェイクや暴力、ヘイトと表現の自由をどう両立させるのか。期待と懸念の双方に応える、丁寧なかじ取りが欠かせない◆マスク氏のツイッター買収は、ソーシャルメディアの勢力図やネット空間の言論の在り方を変えるかもしれない。日本のツイッターユーザー数は5千万ともいわれ、影響は少なくない。脱マスクが議論される日が来るのか、今後の動向に注目している。

(三輪万明)

金色の雲

6月21日

戦国時代後期の京都を描いたとされる狩野永徳の上杉本洛中洛外図屏風(国宝)は多くの部分を金色の雲で覆う表現方法が印象的だ。評論家の花田清輝は「一見、下界のさまざまな風俗の展…

旅行ランキング

6月13日

新型コロナウイルスの水際対策でストップしていた外国人観光客の入国が10日から条件付きで再開される。当面、感染リスクが低いとされるアメリカや中国・韓国など98カ国・地域が対…

東西の教団秩序

6月6日

浄土真宗本願寺派の教団の秩序の要は門主である。宗意安心の裁断権しかり、総長候補者の指名権しかり、消息等のテキストを諸施策の裏付けとする行政手法しかり、教団の様々な営みをさ…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加