PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

マスクと聴覚障害

〈コラム〉風鐸2022年5月23日 09時27分

新型コロナウイルスの感染者数は依然減らない状況だが、本格的な夏を前に、屋外ならばマスクを着用しなくてもよいとの議論がある。熱中症のリスクを下げるためなどがその理由とされる◆口元を覆うだけのマスクだが、大きな影響を受ける人たちがいる。保育の現場では「子どもの表情が分かりにくい」「コミュニケーションがとりづらい」等の声が上がる。また読唇する聴覚障害者もマスク一枚がコミュニケーションの大きな支障になるようだ◆東京の八王子市仏教会でこのほど行われた手話通訳士による講演では、マスクの着用によって読唇が困難になった聴覚障害者の悩みが報告された。マスクをしたままだと、話し掛けられても気付くのが難しく、それが原因でトラブルになることもあるという◆聴覚・言語障害者は全国に約34万人いるが、その取り巻く環境は厳しいものがある。東日本大震災での死亡率は一般の人の2倍。原発事故で、外出禁止の放送が流れても気付かずに、いつも通りの生活をした人もいた◆聴覚障害者は外見では判断しにくいが故に、健常者がその特徴などについて学習し、認識を深める必要がある。「誰一人取り残さない」ことを標榜するSDGsの取り組みは仏教界でも進んでいる。聴覚をはじめとする様々な障害を理解することは、その第一歩であることは言をまたないだろう。(赤坂史人)

金色の雲

6月21日

戦国時代後期の京都を描いたとされる狩野永徳の上杉本洛中洛外図屏風(国宝)は多くの部分を金色の雲で覆う表現方法が印象的だ。評論家の花田清輝は「一見、下界のさまざまな風俗の展…

旅行ランキング

6月13日

新型コロナウイルスの水際対策でストップしていた外国人観光客の入国が10日から条件付きで再開される。当面、感染リスクが低いとされるアメリカや中国・韓国など98カ国・地域が対…

東西の教団秩序

6月6日

浄土真宗本願寺派の教団の秩序の要は門主である。宗意安心の裁断権しかり、総長候補者の指名権しかり、消息等のテキストを諸施策の裏付けとする行政手法しかり、教団の様々な営みをさ…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加