PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

エラーに成功の種

〈コラム〉風鐸2022年5月30日 09時16分

生物の進化はエラーによって起こるという。遺伝子を写す時に突然変異、すなわちコピーの失敗が起き、いくつものエラーの中で環境に適合したものが残ってきたのだと説明される◆この話を二つの取材先で聞いた。いずれも若い起業家で、失敗したと思ったものの中に企画のヒントが潜んでいるから、失敗こそ大事だという趣旨だった◆以前も失敗を大切にするという考えはあったが、原因を見極め再発を防ぐことが狙いだった。近年広まっているのは、エラーそのものに価値があるという見方だ。確かに失敗は意図してするものでないだけに、普通に考えたのでは思いも寄らないことが起こる。それは見方を変えれば、斬新なアイデアということになる◆とかく人は失敗を隠したがり、ごまかそうとしたりもする。しかし失敗に価値があると思えば、行動が変わってくるだろう。他人の失敗を責めなくて済むから、組織の風通しも良くなるかもしれない。若い起業家は、失敗できる環境をつくった会社が伸びている、とも話してくれた◆仏教では八正道の筆頭に「正見」が掲げられる。失敗はダメという思い込みをなくし、ありのままに見るようにとの教えとも受け取れる。エラーの中から成功の種を見つけ出すには、才能でなく訓練が必要だという。物事を正しく見られる目を持てるよう努力を続けていきたいと思う。(有吉英治)

金色の雲

6月21日

戦国時代後期の京都を描いたとされる狩野永徳の上杉本洛中洛外図屏風(国宝)は多くの部分を金色の雲で覆う表現方法が印象的だ。評論家の花田清輝は「一見、下界のさまざまな風俗の展…

旅行ランキング

6月13日

新型コロナウイルスの水際対策でストップしていた外国人観光客の入国が10日から条件付きで再開される。当面、感染リスクが低いとされるアメリカや中国・韓国など98カ国・地域が対…

東西の教団秩序

6月6日

浄土真宗本願寺派の教団の秩序の要は門主である。宗意安心の裁断権しかり、総長候補者の指名権しかり、消息等のテキストを諸施策の裏付けとする行政手法しかり、教団の様々な営みをさ…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加