PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

東西の教団秩序

〈コラム〉風鐸2022年6月6日 09時57分

浄土真宗本願寺派の教団の秩序の要は門主である。宗意安心の裁断権しかり、総長候補者の指名権しかり、消息等のテキストを諸施策の裏付けとする行政手法しかり、教団の様々な営みをさかのぼればおおむね門主の存在に行き着く◆本願寺派の門主は他宗派の管長とは異なり教権だけでなく、強大な俗権の当事者でもある点に特徴があり、教団の最高指導者としての存在感は圧倒的だ◆それゆえ門主の名の下に行われる施策は宗門内に極めて強い影響を及ぼす。近年、宗門関係者の行動指針等を示した「私たちのちかい」や「浄土真宗のみ教え」の唱和に教団を挙げて取り組んでいるのが典型だが、本願寺派が誇る強力な組織力はそうした構造を源泉とすると説明できよう◆一方、真宗大谷派はかつて本願寺派の門主と同様の権限を持つ法主の存在を教団の要としていたが、戦後の「教団問題」の結果として法主制を廃止した◆では法主に変わる教団の秩序の要は何か。それは同朋会運動に他ならない。大谷派の宗務は運動の展開のために最適化されねばならないし、新宗憲をはじめとする諸法規は運動の推進に資する解釈に基づいて運用されねばならない◆ただ同朋会運動は形骸化や低迷が指摘されている。昨年来の宗務改革を巡る取り組みが物議を醸している根本的な要因はその点にある、と見立てるのはうがち過ぎだろうか。(池田圭)

金色の雲

6月21日

戦国時代後期の京都を描いたとされる狩野永徳の上杉本洛中洛外図屏風(国宝)は多くの部分を金色の雲で覆う表現方法が印象的だ。評論家の花田清輝は「一見、下界のさまざまな風俗の展…

旅行ランキング

6月13日

新型コロナウイルスの水際対策でストップしていた外国人観光客の入国が10日から条件付きで再開される。当面、感染リスクが低いとされるアメリカや中国・韓国など98カ国・地域が対…

エラーに成功の種

5月30日

生物の進化はエラーによって起こるという。遺伝子を写す時に突然変異、すなわちコピーの失敗が起き、いくつものエラーの中で環境に適合したものが残ってきたのだと説明される◆この話…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加