PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

昭和ではない

〈コラム〉風鐸2022年8月1日 09時24分

内閣府の今年度の男女共同参画白書が先月公表された。家族の姿や個々の人生が変化・多様化していることをデータで示し、「もはや昭和ではない」として政策や制度設計の見直しを求めている◆大きく変わったのが「家族の姿」だ。1980年に最も多かったのが「夫婦と子供」世帯で約42%。「3世代等」「単独」がそれぞれ約20%で続くが、2020年には単独世帯が2倍近く増えて38%と最多になり、次いで夫婦と子供25%。3世代等は最も少ない7%台だった◆1980年に男女とも5%未満だった50歳時の未婚割合は平成に入って急増し、2020年は男性約28%、女性約18%。コロナ禍もあり21年の婚姻件数は51・4万件と戦後最少だ。白書は「これまでの恋人の人数・デートした人数」も記す。20代独身男性の4割がデート経験ゼロだという◆「もはや戦後ではない」で有名な経済白書が出たのは敗戦の11年後だった。昭和が終わって30余年になるが昭和生まれは今も人口の7割を占め、様々な分野で社会をリードする立場にある。男女共同参画が進まない背景に「戦後の高度成長期、昭和時代のまま」の諸制度や働き方の慣行、人々の意識があるという指摘はおおむねその通りだろう◆女性の登用や家族構造の変化に応じた布教教化など、昭和からの脱却が必要な課題は宗教界にも山積しており、議論が求められる。(飯川道弘)

宇宙の果て

8月8日

ハッブル宇宙望遠鏡の後継であるジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がいよいよ稼働し始め、重力レンズの効果によって太陽系まで届いた宇宙の果ての天体など、素晴らしい画像が公開されて…

丸山照雄の予言

7月25日

「現実批判を基底とする教団改革の教学が後退すれば、かわって浪漫主義、あるいは啓蒙主義的な近代教学の思潮が主流を占めてくるでありましょう。やがて管理化された教団をおおうであ…

もったいない

7月19日

数万円もするミキサーを買いたいと、妻が言い出した。家にミキサーはあるのでもったいないと言ったが、最新のものは氷も砕けて冷たいスムージーが作れるし、野菜のみじん切りや千切り…

家族、いのちとは問う 「ベイビー・ブローカー」で

社説8月5日

循環に生きる 「断捨離」から再生へ

社説8月3日

決して忘れない いのちの重み伝える

社説7月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加