PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

電動バイク

〈コラム〉風鐸2023年9月13日 10時46分

レンタルの電動バイクに乗ってみた。そしたらけがをした◆今回利用した電動バイクは小型の折り畳み式で、見た目もおしゃれ。スマートフォンで申し込むと街角の設置場所からすぐに利用でき、電源もスマートフォンから入れられる仕組みだ◆初めての電動モーターになかなか慣れず、30分も走ると疲れを感じ休憩をとるため停車した。バイクを歩道に押し上げようとした時、意図せずモーター操作のスロットルを動かしてしまい、前輪が浮いてウィリー状態に。そのまま車体と一緒に転倒してしまった。地面に突いた右手の小指が逆に曲がり、病院で骨折と脱臼と診断された◆大変痛い思いをしたが、自分でも不思議なくらい後悔の念がない。白状すればコラムのネタになるのではないかという下心もあって久々のバイク乗車を思い立ったのだが、それを差し引いても、新しいことに挑むワクワク感がけがの痛みを上回ったように思う◆「おもしろきこともなき世をおもしろく」。この高杉晋作のよく知られた句は「すみなすものは心なりけり」と続く。長く生きていると日々が同じことの繰り返しで退屈に思えることもあるが、せっかく頂いた命、大切に生きたい。今の時代は新しいものが次々と出てくる。多少の痛みを覚悟の上で挑戦を続けることが、おもしろく生きることになると思えた体験だった。(有吉英治)

消えた象徴

2月14日

自身の栄華を満月に例えたのは平安時代の藤原道長であった。昭和の元首相にとって、あの邸宅こそ望月だったのかもしれない。1月8日、東京都文京区の田中角栄元首相邸が火災に見舞わ…

人のふり見て

2月7日

十数年ぶりだろうか。ニュースで流行は知っていたがどこか人ごとだったインフルエンザに新年早々罹患した。コロナ禍もあってここ数年、マスクや手洗いには十分気を使ってきたつもりだ…

宗教の自由

1月31日

米国には「国際宗教の自由法」があり、国務省に「国際宗教の自由局」が置かれている。毎年、国務省からは「国際宗教の自由報告書」が発表され、日本の新聞でも取り上げられることがあ…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加