PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

AIの脅威

〈コラム〉風鐸2023年9月27日 11時08分

インターネットの普及でSNSの多様な通信サービスの利用が日常化する一方、人工知能(AI)の進化形である生成AIが人類に及ぼす影響に期待と不安が高まっている◆デジタル技術がもたらす新たな地球史の幕開けを「テクノ新世」とメディアは呼ぶ。だが人類は複合的な変革が急速に進行する新文明の渦に巻き込まれ翻弄され、存立基盤を見失いかけているように見える◆深刻な問題はネット上の画像がAIによって容易に捏造されることだ。人物の画像が一瞬にして他人の画像にすり替えられ、自分の発した声が音声変化で他人の声になる。戦場の写真や街の風景が全く別の風景に変容して映し出される◆逃げるトランプ前米大統領が大勢の警察官に取り押さえられる画面や高級ブランド品を身に着けたローマ教皇が登場する。全てAI技術で容易に加工された画像である。私たちは「ディープフェイク」が氾濫する日常の中で生きることになる◆AIの安全性を検証する米国の非営利団体は、人類が手にしたAIは感染症のパンデミックや核戦争と並ぶ社会的脅威だと警告した。例えばAIを搭載したロボットが戦争に駆り出されたら、非情な殺戮が可能となる。人間はAIロボットに対抗できないから、別のAI搭載ロボットに対抗させ、ロボット同士の戦争が始まる――。AIが人間を追い越す現実とは、こういうことだろう。(形山俊彦)

消えた象徴

2月14日

自身の栄華を満月に例えたのは平安時代の藤原道長であった。昭和の元首相にとって、あの邸宅こそ望月だったのかもしれない。1月8日、東京都文京区の田中角栄元首相邸が火災に見舞わ…

人のふり見て

2月7日

十数年ぶりだろうか。ニュースで流行は知っていたがどこか人ごとだったインフルエンザに新年早々罹患した。コロナ禍もあってここ数年、マスクや手洗いには十分気を使ってきたつもりだ…

宗教の自由

1月31日

米国には「国際宗教の自由法」があり、国務省に「国際宗教の自由局」が置かれている。毎年、国務省からは「国際宗教の自由報告書」が発表され、日本の新聞でも取り上げられることがあ…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加