PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

隙の多い話

〈コラム〉風鐸2023年11月15日 14時22分

「自然の多い田舎で暮らす子どもたちは豊かな感性が育まれるが、コンクリートに囲まれた都会の子どもたちの教育環境はうんぬん」式の話を聞くことがあるが、本当か。感性をよりよく育むための条件は自然環境だけでなく、その人がやりたいと思うことを十分できる受け皿の有無ではないか◆山陰の山奥で育った筆者にとって都会は憧れの場所だった。それは前述の受け皿が豊富だからである。通信技術や交通等が発達した近年は都市部と地方の様々な格差は緩和しているが、それでも田舎はどうしても不利になる。選択肢の豊富さでは都会の方が圧倒的に恵まれているという実感は揺るがない◆あるいは「都会の人は死んだ魚のような目をして満員電車に揺られている。近代文明がもたらした人間疎外の一端だ」式の話。これはある時代までは妥当性があったのだろうが、余暇の確保やその充実した過ごし方などを重んじる現代人にどこまで当てはまるのやら。文明論以前に満員電車の苦痛に耐えていれば誰でも死んだ魚のような目になるだろう◆ほかにも例を挙げればきりがないが、宗教者の説教でこの種の話が語られることも珍しくない◆同じ話や言葉でも神仏を背負う宗教者のそれには妙な説得力が伴う。だから隙の多い話でも納得する人は多いかもしれないが、一方で白けている人も少なくないことは自覚しておくべきだろう。(池田圭)

200円の影響

4月17日

西国三十三所や四国八十八ヶ所、天台宗総本山比叡山延暦寺、高野山真言宗総本山金剛峯寺などで1日、納経帳への朱印料が約30年ぶりに300円から500円に改定された(重ね印は3…

女神のほほ笑み

4月10日

米国の象徴の一つである「自由の女神」像は、ニューヨーク湾に浮かぶリバティ島に立つ。1876年の米国独立100年を記念し、フランスから贈られた。除幕式は86年にあり、当時の…

我ぞふり行く

4月3日

唐の孟浩然は「春眠暁を覚えず」、また北宋の蘇軾は「春宵一刻値千金」と詠んでいる。そんな春の陽気に誘われて仕事帰りに寄り道をしている。路地を一本入って遠回りをしてみたり、少…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加