PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

教え届け熱唱ライブ 仏教伝道、ロックにのせ

東京都港区・浄土宗林泉寺 豊島邦博副住職

「法話LIVE」で袈裟を着て熱唱する豊島副住職 「法話LIVE」で袈裟を着て熱唱する豊島副住職

浄土宗林泉寺(東京都港区)の豊島邦博副住職(42)は、僧侶となる前にロックバンドでメジャーデビューを果たした経歴を持つ。現在は「沙門」というバンド名で活動しており、施餓鬼やお十夜などで招かれた寺院の檀信徒らの前で、「法話LIVE」と称してその歌声を披露している。

「沙門」はプロのギタリストとの2人組で、豊島副住職がボーカルを担当する。結成して1年ほどで、仏教や浄土宗の教えをロック調のJ-POPの音色に乗せて熱唱する。楽曲は豊島副住職自身が作詞・作曲。すでに20曲ほどが完成し、「光」「輪廻」「月影」の3枚のアルバムを自主制作、ライブ終了後に手売りしている。寺院の住職から「盆踊り用の曲も作ってほしい」との依頼もあるという。

「老若男女に好かれるようなバンドを目指している」と語るように、曲調は現代風でも、歌詞の内容は驚くほど真摯で直接的に仏教の世界観や念仏のありがたさなどを表現している。特に40~50代に好評で、「車内でいつも大音量で聴いています」との感想をもらったこともある。

「法話LIVE」では袈裟をまとった豊島副住職が登場し、まずは配布した歌詞を基に法話。その後、演奏に入る。サビの部分で「南無阿弥陀仏」と唱和してもらう曲もあり、歌いながらであれば檀信徒らに向かって自然に「もっと声を出して」と念仏を呼び掛けやすいという利点もある。

大本山増上寺布教師でもあることから、「浄土宗の教義に反したことは歌えないし、歌詞にも気を使う。人に伝えるためには自らでしっかりと咀嚼しなければならない。後から歌詞を一部変更することもある」と話す。

「僧侶の一番の職責は仏教の伝道。お寺によく足を運ぶ人だけでなく信仰心のない人にも、歌をきっかけにすれば仏様のありがたさを知ってもらえるのでは」

昨今、日本人の宗教的価値観が薄れ、それに伴って道徳や倫理の低下が懸念される中、潜在している仏教に縁のある人たちに教えを届けたいとの思いがある。そのため、人々が日常生活で触れる機会が多く、心に直接響かせることができる音楽で仏教を伝えたいと考えた。

「多くの人に聴いてもらうことが、社会全体の仏教への関心の底上げにつながる。いつか有線から自分たちの曲が流れるようにしたい」と抱負を語る。

(佐藤慎太郎)

「おてらおやつクラブ」の活動では、お下がりの仕分け作業前にお勤めすることで「物流」が「仏流」になる、と話す野田副住職㊨

自分なりにできること 社会と接点、活動広げる

6月5日

4年前から「おてらおやつクラブ」の活動を続けている、臨済宗妙心寺派林昌寺(愛知県春日井市)の野田芳樹副住職(29)は「最初は自坊のお供えの対処策もあって始めましたが、この…

持ち込まれた人形を並べ法要を営む正木住職

寄進より知恵を募る 復興へ檀信徒の提案実践

5月22日

昨年9月、台風21号で被害を受けた大阪市天王寺区の浄土宗西照寺では、境内や伽藍の修復事業の一環として「人形供養」を行っている。本堂には檀信徒をはじめ全国各地から寄せられた…

善宗寺本堂での「お寺葬」で法話する近藤住職

お寺葬で寺院連携の輪 儀式補助する人材融通

5月8日

近年、本堂などで葬儀を営む「お寺葬」に取り組む寺院が増えている。葬儀社が運営する施設での葬儀では、僧侶が儀式の主導権を握れないことへの不満や、葬儀の簡素化に伴う省力化で以…

PR

川崎無差別殺傷事件 「無敵の人」の誤用を考える

社説6月14日

SNSの闇 議論し、見識の蓄積を

社説6月12日

トリックはいけない 「令和」時代の改憲論

社説6月7日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加