PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

安心与える「掲示」受賞 地域の子どもに囲碁道場

東京都品川区 真宗大谷派正德寺
10年以上掲示されている言葉と平松理薫住職 10年以上掲示されている言葉と平松理薫住職

京急「新馬場」駅から約100メートル。駅前商店街にある真宗大谷派正德寺の門前は人通りが絶えることがない。山門脇の掲示板に張られた法語「大丈夫だよ、生きていけるよ」は10年以上掲げられており、変わらぬ言葉が道行く人の胸に安心を与えている。

この言葉を張り出したのは、平松理元・前住職。何度か変えようとしたが、門徒から「あの言葉が大好きだった」「いつも元気をもらっていた」と言われては戻した。掲示板に対する直接の反響は少ないものの、実は注目されていた。

この掲示は昨年に仏教伝道協会が初めて実施した「輝け!お寺の掲示板大賞2018」で、約600件の応募作から中外日報賞を受賞。「変えないで」と言ってくれた門徒も亡くなり、平松理薫住職は「ますます変えにくくなった」と笑う。傷んだ紙に模造紙で裏打ちして張り続けている。

同寺は1298(永仁6)年、平家の落ち武者だったと伝わる春應が真言宗善永寺として開いた。1675(延宝3)年、浄土真宗本願寺派に改宗し正德寺と改称。1712(正徳2)年に大谷派に転派した。

「今を生きる智慧」を伝える寺として、読経練習の「声明会」を毎月開催。漢字の読みや音の伸ばし方などを覚え、さらに経文の意味も学ぶ。毎回10人以上の参加があり、そのうち数人は門徒でない。年1回開く落語会にも地域の人たちが大勢訪れる。

2012年からはプロ棋士の王唯任五段を講師に「こども囲碁道場」を始めた。趣味で打っていた平松住職も初心者の指導に当たる。「囲碁はルールが簡単で感覚的なところもあるので、子どもたちは瞬く間に上達していく」という。

棋力だけでなく、人間としての成長もある。母親の陰に隠れながら来ていた子が、積極的な手を打つようになり、小学1年で段位を取得した。「教えた子が自分を越えていくのは楽しい」と目を細める。大人がボランティアで講師を手伝ってくれることもあり、異世代交流の場にもなっている。

普通の町寺として門徒の法務を勤め、催しやネットを活用して門徒以外にも仏教を発信する平松住職。「仏法という軸で、門徒の皆さん、地域の方々との関係を深めていきたい」と話し、門前を通るだけの人にも掲示板で仏縁を広げている。

(有吉英治)

昨年6月の尾道での第1回千光寺サミットには各地の千光寺住職らが集結。前列中央が多田前住職

「千光寺の会」立ち上げ 20年かけ全国を訪ね歩く

4月17日更新

広島県尾道市の真言宗単立千光寺の多田義信前住職(78)は、住職だった1987年から約20年をかけて全国の千光寺を訪ね歩き、昨年6月に「全国千光寺の会」を発足させた。住職ら…

常圓寺祖師堂で行われた第12回ロータス寺市。地域の人たちと交流を深める

都会で共同体づくり 信頼築くプロジェクト

3月20日更新

NPO「ロータスプロジェクト」は、高層ビルが立ち並ぶ東京・西新宿の日蓮宗常圓寺で年に3回、「ロータス寺市」を開いている。社会問題への意識が高い出店者らがオーガニックの野菜…

子供たちでにぎわう「しうんまんまる広場」。上野副住職は裏方だ(一部画像処理しています)

子供ら真ん丸笑顔に 食事提供、裏方務める

2月27日更新

高松市・浄土宗浄願寺の上野忠昭副住職(62)は檀務に加え、地区の社会福祉協議会会長、教誨師、民生委員など福祉関係の仕事が多い。中でも成果が目覚ましいのが2016年8月に始…

PR

被災地8年目の春 復興への地道な歩み

社説4月17日更新

今夏のWCRP大会 日本からの発信に期待する

社説4月12日更新

幸福度の低さ 日本社会の深刻な病理

社説4月10日更新
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加