PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
宗教文化講座2020 墨跡つき仏像カレンダー2020

お寺葬で寺院連携の輪 儀式補助する人材融通

大阪市港区 真宗大谷派善宗寺 近藤遠住職

善宗寺本堂での「お寺葬」で法話する近藤住職 善宗寺本堂での「お寺葬」で法話する近藤住職

近年、本堂などで葬儀を営む「お寺葬」に取り組む寺院が増えている。葬儀社が運営する施設での葬儀では、僧侶が儀式の主導権を握れないことへの不満や、葬儀の簡素化に伴う省力化で以前に比べれば実施へのハードルが下がっていることなどが背景にある。

ただ、「お寺葬」に取り組む寺院は「1カ寺の努力」という形が多い。これに対して、大阪市港区・真宗大谷派善宗寺の近藤遠住職(41)は昨年から複数の寺院と互助関係を結んだ「お寺葬」を始めた。

きっかけは2年ほど前、高校の同級生の要海信彦さん(41)との会話中に「門徒の寺離れ」で門徒は身内に不幸があると「まず葬儀社に連絡する」風潮が話題になったことだった。

要海さんは飲食店などに割り箸や仕出し弁当の箱などの消耗品を納める会社の3代目。二人の話し合いの結果、「寺の密葬」をうたう「お寺葬」専門の会社(同市中央区)を設立することにした。

同社を介した葬儀プランは祭壇の有無や大小に応じて3種あり、料金は寺への布施や寝台車・霊柩車の手配、行政手続き、枕飾り、遺影など全てを含めて52万円、67万円、77万円と比較的低価格に設定。要海さんは「これ以外に参列者の送迎バスや食事、湯灌などのオプションもあるが、それでも追加料金が10万円を超えることはない」と説明する。

また、寺の施設を利用するため会場の使用料や設備投資がほとんど発生せず、その分だけほかの葬儀社よりも寺が受け取る布施は多いという。

他方、近藤住職は近隣の寺院に声を掛け、「お寺葬」を営む寺院に司会などを手伝う僧侶を派遣する輪を広げた。葬儀に必要な手続きや会場のしつらえは要海さんの会社が担い、儀式を補助する人材は寺院同士で融通する形だ。現在、大谷派を中心に大阪市内の15カ寺と提携している。

取り組みは始まったばかりで実績はまだ少ないが、近藤住職は「『寺の密葬』は参列者20人程度の『家族葬』を想定しているが、喪主が『お寺でやるから』と人を呼んで80人規模になることも。遺族との会話もじっくりできるので、葬儀後の月参りではそれまでほとんど顔を見せなかった家族も集まって話が弾むようになった」と喜ぶ。

さらに「他寺院の葬儀をお手伝いすると、寺によって様々なやり方があることが分かり、とても勉強になる」と語った。

(池田圭)

現代は葬儀より通夜に参列する人が多く「思い切って通夜の中で葬儀をすることにした」と宮本住職

通夜で葬儀 試み好評 参列者多く荘厳な式典に

4月1日

仕事が休めないなど多忙な現代では、葬儀よりも通夜に参列する人が多い。愛知県田原市の宮本利寛・曹洞宗潮音寺住職(73)は昨年9月から、多くの人が集まる通夜で葬儀を営む試みを…

自らが出したベストアルバムの中で人気の歌「ディスカバージャパン」を口ずさむ山本住職

自由に楽しく音楽説法 次はラテンで阿弥陀経

3月18日

大阪府茨木市の浄土真宗本願寺派稱名寺の山本隆俊住職(72)は、僧侶、元茨木市議会議員(1997年から5期20年)、ミュージシャンと多面的に活躍。地域の人々が音楽や芸術、芸…

本堂に設置されたビンテージのミキサーを操作する篠原住職

方便としての「音楽寺」 人とつながり救い生む

3月4日

岡山の「音楽寺」として知られる臨済宗妙心寺派蔭凉寺。国内外からトップアーティストが来寺し、ジャンルを超えたコンサートが開かれている。自ら音響エンジニアを務める篠原真祐住職…

森友学園事件 暗い国家のあり様

社説4月3日

修行の「厳しさ」 現代社会における価値

社説4月1日

地下鉄サリン事件25年 語り継ぐべきものの選択

社説3月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加