PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

お寺葬で寺院連携の輪 儀式補助する人材融通

大阪市港区 真宗大谷派善宗寺 近藤遠住職

善宗寺本堂での「お寺葬」で法話する近藤住職 善宗寺本堂での「お寺葬」で法話する近藤住職

近年、本堂などで葬儀を営む「お寺葬」に取り組む寺院が増えている。葬儀社が運営する施設での葬儀では、僧侶が儀式の主導権を握れないことへの不満や、葬儀の簡素化に伴う省力化で以前に比べれば実施へのハードルが下がっていることなどが背景にある。

ただ、「お寺葬」に取り組む寺院は「1カ寺の努力」という形が多い。これに対して、大阪市港区・真宗大谷派善宗寺の近藤遠住職(41)は昨年から複数の寺院と互助関係を結んだ「お寺葬」を始めた。

きっかけは2年ほど前、高校の同級生の要海信彦さん(41)との会話中に「門徒の寺離れ」で門徒は身内に不幸があると「まず葬儀社に連絡する」風潮が話題になったことだった。

要海さんは飲食店などに割り箸や仕出し弁当の箱などの消耗品を納める会社の3代目。二人の話し合いの結果、「寺の密葬」をうたう「お寺葬」専門の会社(同市中央区)を設立することにした。

同社を介した葬儀プランは祭壇の有無や大小に応じて3種あり、料金は寺への布施や寝台車・霊柩車の手配、行政手続き、枕飾り、遺影など全てを含めて52万円、67万円、77万円と比較的低価格に設定。要海さんは「これ以外に参列者の送迎バスや食事、湯灌などのオプションもあるが、それでも追加料金が10万円を超えることはない」と説明する。

また、寺の施設を利用するため会場の使用料や設備投資がほとんど発生せず、その分だけほかの葬儀社よりも寺が受け取る布施は多いという。

他方、近藤住職は近隣の寺院に声を掛け、「お寺葬」を営む寺院に司会などを手伝う僧侶を派遣する輪を広げた。葬儀に必要な手続きや会場のしつらえは要海さんの会社が担い、儀式を補助する人材は寺院同士で融通する形だ。現在、大谷派を中心に大阪市内の15カ寺と提携している。

取り組みは始まったばかりで実績はまだ少ないが、近藤住職は「『寺の密葬』は参列者20人程度の『家族葬』を想定しているが、喪主が『お寺でやるから』と人を呼んで80人規模になることも。遺族との会話もじっくりできるので、葬儀後の月参りではそれまでほとんど顔を見せなかった家族も集まって話が弾むようになった」と喜ぶ。

さらに「他寺院の葬儀をお手伝いすると、寺によって様々なやり方があることが分かり、とても勉強になる」と語った。

(池田圭)

写経会や坐禅会のほか、地域住民を中心に様々な人々が集うマーケットを開く

寺はしがらみのない空間に

7月17日

東京都目黒区の天台宗圓融寺は853年、慈覚大師円仁開基と伝わる古刹だ。阿純章住職(50)は、地域の人々や専門家と共に様々な取り組みを行いつつ、理想の寺院像を追い求めている…

新たな御朱印やお守りなどを通じて本質を伝えるすべを模索している小野権禰宜

時代に沿った伝え方模索 神社の本質を見極め

7月3日

小野照崎神社(東京都台東区)の小野亮貴権禰宜(37)は月ごとに替わる御朱印、著名人とコラボレーションした「お守り2・0」など新たな取り組みを通じて神社の「アップデート」に…

復興のために仏像の奉納を呼び掛ける永宗住職(三千佛堂で)

支援の輪広げ復興へ 葉上大阿闍梨の自坊

6月19日

岡山県倉敷市・天台宗本性院の永宗幸信住職(57)は、宗教界に大きな足跡を残した葉上照澄・延暦寺大阿闍梨(1903~89)がかつて住職を務めた岡山市中区・常住寺の復興に取り…

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献

社説7月19日

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す

社説7月17日

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来

社説7月12日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加