PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

自宅に居て法話聴ける ユーチューブで動画配信

浄土真宗本願寺派高善寺 武田正文衆徒

自坊の本堂で動画を撮影する武田氏。動画は簡単に制作できるという 自坊の本堂で動画を撮影する武田氏。動画は簡単に制作できるという

島根県邑南町・浄土真宗本願寺派高善寺衆徒の武田正文氏(34)は昨年の大みそかに「武田正文の仏心チャンネル」と題した動画配信を動画投稿サイト・ユーチューブで始めた。反響は上々で「若い人も興味を持ってくれる。やって良かった」と手応えを感じている。

島根県は真宗の法義が盛んな一方、過疎地で門徒の高齢化も著しい。特に「お聴聞が好きなのに寺へのお参りが難しい」高齢門徒への対応が悩みで、昨秋、自宅での視聴が可能なユーチューブを用いた法話配信への思いをツイッターで語ったところ、賛同するフォロワーから背中を押された。

動画は週に2、3回のペースで投稿。内容は真宗の教義に関するものから「働き方改革」「子育て」「薬物依存」等、時事問題に関連させたものまで幅広いが、自身は臨床心理士としてスクールカウンセラーなどの経験も豊富で、「怒り」「悲しみ」「恋愛」など人間の心理に対する仏教の考え方を説く話が多いのが特徴だ。

配信開始以来、「これなら施設や入院先でも見られる」と好評。高齢者にはユーチューブの視聴方法が分からない人が少なくないが、「そういう人が家族に頼んで一緒に見た結果、若い人が興味を持ってくれることもある」という。

こうした「お坊さんユーチューバー」の活動は地元の新聞やテレビでも取り上げられ、視聴者を増やしている。祖母と視聴したという松江市の小学生から「いろいろと悩みがある。今度、高善寺に行きたい」と電話がかかってきたこともある。

武田氏は「ツイッターなどから『こういう話を聞きたい』というリクエストもあり、発信の仕方を工夫すれば若い人に対する伝道にもまだやりようがあると感じている」とし、「(動画の内容に対する)炎上のリスクもあるし、実際に批判が飛んでくることもあるが、それを上回る手応えがある」と話す。

動画は高善寺の本堂で映像を撮影した後、そのデータを専用ソフトで編集。制作のために購入した撮影用のカメラや照明、マイクなどは総額で2~3万円程度と初期投資はそれほどかからず、「想像していたよりも簡単に動画を制作できる」と武田氏。

「一般の人は動画のコンテンツのバリエーションに困ることが多いようだが、法話の場合は無限にある。私と同じようにユーチューブで発信するお坊さんが増えるといいなと思っています」と笑った。

(池田圭)

地域で主催の講演会で語る根本住職

社会貢献 引退せず学び直し 新たに傾聴・食堂始める

6月3日

真言宗豊山派東陽寺(千葉県我孫子市)の根本孝英住職(69)は、寺院の社会貢献として介護施設での傾聴ボランティア、地域食堂など新たな活動に取り組んでいる。 きっかけは数年前…

イベントの最後に法話する北川副住職

寺に親しみ敷居低く 一般参加の企画 宗派超え

5月20日

東京都台東区・浅草周辺の浄土宗若手僧侶らは月に1度、一般参加型のイベント「茶坊えにし」を開いている。内容は雅楽演奏会やヨガ、香木を楽しむ会など様々で、開催場所も寺に限らな…

コール頻伽のメンバーらと上田住職(後列右端)

限界集落の寺を再生 手作り劇で交流拠点に

4月30日

民家が1軒のみ残る山間集落の福井市赤坂町。この地に古来たたずむ浄土真宗本願寺派光照寺は一時廃寺も検討されたが2006年に住職を引き受けた上田慧恭さん(78)の始めた寸劇な…

「弱さ」を見つめる 「孤立化」克服する宗教の力

社説6月3日

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を

社説5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか

社説5月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加