PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

寺に親しみ敷居低く 一般参加の企画 宗派超え

東京都台東区・浄土宗長壽院 北川琢也副住職

イベントの最後に法話する北川副住職 イベントの最後に法話する北川副住職

東京都台東区・浅草周辺の浄土宗若手僧侶らは月に1度、一般参加型のイベント「茶坊えにし」を開いている。内容は雅楽演奏会やヨガ、香木を楽しむ会など様々で、開催場所も寺に限らない。一般の人に向けて寺院や僧侶に対する敷居を低くし、仏教に慣れ親しんでもらうことが目的だ。

発起人で長壽院(同区)副住職の北川琢也氏(45)は「茶坊えにしを始めるきっかけとなったのは東日本大震災被災地での経験だ」と話す。北川副住職は復興支援のために現地入りし、がれきの撤去作業などを行った。次第に活動範囲は仮設住宅地へと広がり、被災者と関わるようになった。

「被災した人たちは、自分のことを僧侶だと知ると心を開き、ささいな質問をしてくれた」という。そこで「もしかすると東京でも同じように、僧侶と話をしたいという人がいるのでは」と考えた。

都内で檀信徒以外と関わるにはまず「場所」を設ける必要があった。しかし寺院では一般の人が気軽に入りづらいのではとも思われた。近隣の若手僧侶らに声を掛け、「イベントに来てくれた人と会話をしながら悩みや疑問を聞いては」などと相談しつつ、取り組みをスタートさせた。

イベントはワークショップ形式のものやフィールドワーク、勉強会など広範囲だが、いずれも最終的には仏教につながるような内容だ。企画運営する僧侶らが参加者に「教える」のではなく、一緒に体験し学ぶことで話しやすい環境をつくっている。

これまでには縁のある臨済宗や曹洞宗の僧侶を招き坐禅体験をしたこともある。浄土宗という枠組みを超えて今後も積極的に他宗派とタッグを組んでいきたいという。そこには「仮に浄土宗だけが活発になったとしても、社会からの仏教や僧侶に対する印象は変わらない」との思いがある。現在、禅宗と浄土宗の違いを解説する講義イベントを企画中だ。

「地域社会と寺院の関わり方は地域によって異なる。地方では行事や祭りなどに檀信徒や地域住民が集まりやすい。一方、都市部では寺の周辺に檀信徒が少ない場合がある。檀家以外の人々と関わりを持つのも一つのやり方。この活動が直接檀信徒獲得につながるわけではないが、同様の取り組みが増えていくことで仏教界全体が活発になり、結果として門葉の活性化につながるのではないか」

(奥岡沙英子)

高さ5.5メートルのぴらみ堂と1.5メートルのペット納骨堂の前に立つ菊池重忠住職

仏道修行へ市民に開く 永代供養ピラミッド型に

9月16日

古都・鎌倉から北西に約15キロ。交通量の多い県道45号を通っていると、道沿いに突如ピラミッドが現れる。2019年7月に落慶した、日蓮宗大法寺(神奈川県綾瀬市)の永代供養墓…

2017年の九州北部豪雨災害でボランティアに入った井藤住職(福岡県朝倉市)

防災士を宗内で育成 意識向上へ「備災」訴え

9月2日

天台宗高家寺(兵庫県明石市)の井藤圭順住職(49)は、被災地支援や防災で積極的な役割が期待される防災士として、東日本大震災が起きた2011年から地道な活動に取り組んでいる…

歯科医師と僧侶という二足のわらじで活動する大島副住職

高齢者が安心して参加 お寺で無料終活カフェ

8月19日

東京都墨田区の浄土宗龍興院は昨年から、2~3カ月に1度「おてら終活カフェ」を開いてきた。コロナ禍のため今年はまだ開催できていないが、大島慎也副住職(39)は「地域の医療・…

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日

長い目で復興を 東日本大震災から9年半

社説9月11日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加