PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

社会貢献 引退せず学び直し 新たに傾聴・食堂始める

千葉県我孫子市 真言宗豊山派東陽寺 根本孝英住職

地域で主催の講演会で語る根本住職 地域で主催の講演会で語る根本住職

真言宗豊山派東陽寺(千葉県我孫子市)の根本孝英住職(69)は、寺院の社会貢献として介護施設での傾聴ボランティア、地域食堂など新たな活動に取り組んでいる。

きっかけは数年前、同じ宗派の故田中雅博・西明寺(栃木県益子町)住職のドキュメント番組を見たことだ。

田中氏とは若い頃、宗内の海外行事の際に同宿し、僧侶の社会貢献について一晩語り合った。医師でもあった田中氏は境内に診療所を建て、晩年は自身のがん治療を続けながら医療を通じての社会貢献を実現した。

一方、根本住職は青少年教化が社会との接点と考え、ボーイスカウト指導者となり、地域で活動を重ねた。

番組を見たのは、長年続けたボーイスカウトのトレーナーを定年(65歳)で引退する時期。改めて田中氏との会話を思い出し、今後は何ができるかを考えた。

そして、大正大の臨床宗教師養成課程を受講。叡尊、忍性といった先人の真言僧侶が利他行を行い、社会貢献を実践していたことを改めて学んだ。修了後、近隣の介護施設での傾聴ボランティアも決まった。契機となった田中氏に報告したいと2017年3月、西明寺に電話を入れたが、ちょうど同氏の臨終の直後だった。「もう一度お会いして語り合いたかった」と振り返る。

傾聴を始めた介護施設にたまたま檀家の女性がおり、共に童謡を大声で歌うなど、亡くなる前に住職と檀家の関係以上に親しく過ごす時間を持てた。

また、聖路加国際病院でスピリチュアルケアに携わった看護師と共にがん治療中の患者に関わり、遺体のお身ぬぐいまで経験したことも忘れ難いという。

もう一つの新しい活動が、東陽寺で毎月第3木曜日に開く地域食堂「どんぐり」だ。境内に大型テントを設置し、用意したカレーライス100食を振る舞う。高校生以下はおかわり自由。準備には調理の仕事の経験を持つ檀家たちが協力を買って出た。子供だけでなく、夫人が民生委員を長年務めた縁を通じ、地域の独居老人らにも広く声を掛けることができた。

現在は新型コロナウイルスの影響で施設訪問は制限されているが、訪問先も今後増やす予定だ。地域食堂は6月からの再開へ向けて協力者と準備を進めている。

(山縣淳)

高さ5.5メートルのぴらみ堂と1.5メートルのペット納骨堂の前に立つ菊池重忠住職

仏道修行へ市民に開く 永代供養ピラミッド型に

9月16日

古都・鎌倉から北西に約15キロ。交通量の多い県道45号を通っていると、道沿いに突如ピラミッドが現れる。2019年7月に落慶した、日蓮宗大法寺(神奈川県綾瀬市)の永代供養墓…

2017年の九州北部豪雨災害でボランティアに入った井藤住職(福岡県朝倉市)

防災士を宗内で育成 意識向上へ「備災」訴え

9月2日

天台宗高家寺(兵庫県明石市)の井藤圭順住職(49)は、被災地支援や防災で積極的な役割が期待される防災士として、東日本大震災が起きた2011年から地道な活動に取り組んでいる…

歯科医師と僧侶という二足のわらじで活動する大島副住職

高齢者が安心して参加 お寺で無料終活カフェ

8月19日

東京都墨田区の浄土宗龍興院は昨年から、2~3カ月に1度「おてら終活カフェ」を開いてきた。コロナ禍のため今年はまだ開催できていないが、大島慎也副住職(39)は「地域の医療・…

オンラインの発信 宗教文化リテラシーの重要性

社説9月25日

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加