PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

高齢者が安心して参加 お寺で無料終活カフェ

東京都墨田区・浄土宗龍興院 大島慎也副住職

歯科医師と僧侶という二足のわらじで活動する大島副住職 歯科医師と僧侶という二足のわらじで活動する大島副住職

東京都墨田区の浄土宗龍興院は昨年から、2~3カ月に1度「おてら終活カフェ」を開いてきた。コロナ禍のため今年はまだ開催できていないが、大島慎也副住職(39)は「地域の医療・介護関係者とも連携しながら、高齢者のためのコミュニティーの場を広げていきたい」と展望を語る。

大島副住職は現役の歯科医師でもある。足腰が悪かったり、病気のために直接歯科医院に行けなかったりする人を対象とした訪問歯科診療が中心で、ポータブルの診療器具を携えて赴く患者のほとんどが高齢者だという。入れ歯を調整している最中など、患者が手持ち無沙汰な時間には世間話にも付き合う。

その中でよく話題となるのは、自らの葬儀や墓のこと、相続の問題、死後のペットの心配など終活に関わることだった。またそういった悩みは身近な人にはなかなか相談できずに抱え込んでいる人が多いことも分かった。

「終活に関するセミナーなどは様々な業種や分野で行われているが、どうしてもビジネスが先行しがち。お寺ならば中立の立場であり、安心して参加してもらえるはず。また、仏様が見守る神聖な空間であるお寺を会場とすることは、自分の生と死、死生観を学びながら考えていく場所としてふさわしいのではないか」と終活カフェの開催を決めた。

同院の終活カフェは参加無料で、行政書士や葬儀関係者、介護関係者ら終活に関わる様々な専門家を講師として招いて本堂で行うセミナー形式と、書院に場所を移して茶を飲みながら講師や大島副住職に気軽に終活の悩みを相談することができるカフェ形式の二部構成となっている。

歯科医師と僧侶という二足のわらじに共通するのは「高齢者のため」という目的意識だ。ゆくゆくは寺を、地域の高齢者を守るための拠点にしていきたいとの思いもある。「地域に『開かれたお寺』を目指して企画しているが、やはりただお寺に来てもらうのはハードルが高い。お茶を飲みにという理由でも気軽にお寺に来てもらうきっかけになる」と話す。これまで同院とは縁のなかった地域の人々もカフェに参加しており、リピーターも多いという。

カフェは新型コロナウイルスの影響で4、7月の開催は中止に。再開の要望も多いが、高齢の参加者が多いため慎重に開催時期を検討し、十分な感染拡大防止対策を取った上で再開したい考えだ。

(佐藤慎太郎)

2018年に真言宗須磨寺派大本山須磨寺で厳修された音楽法要で和太鼓を鳴らす雲井住職

声明公演と災害支援 H1で発信呼び掛け

4月7日

天台宗能福寺(神戸市兵庫区)の雲井雄善住職(52)は、各地で声明の公演を行うとともに災害被害に遭った人への支援活動を続ける「天台聲明兵庫社会奉仕會」の代表として、伝教大師…

初めての人やリピーターも多い「おひとりさま写経会」

「行きつけの寺」目指す SNS発信は布施行

3月24日

北海道函館市・浄土宗湯川寺の筒井章順副住職(34)は、地域の人のための「行きつけのお寺」を目指して活動を続けている。昨年1年間は新型コロナウイルス感染症の流行のため、多く…

2018年8月に飛騨護国神社で行われた遺品の日の丸の返還式

戦没者遺品返還に尽力 日の丸をご遺族の元に

2月17日

岐阜県高山市の飛騨護国神社の田中宏宮司(43)は米国のNPO「オボン・ソサエティ」と協力し、第2次世界大戦で米兵が戦利品として持ち帰った旧日本兵の遺品の日の丸を遺族に返還…

寄付の文化 支え合いの心が足りぬ日本

社説4月14日

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加