PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

経験生かしカホン製作 一流の演奏家が愛用

京都市東山区 臨済宗東福寺派盛光院 石原守宏住職

「本当の音を引き出してくれる人に使ってほしいですね」と語る石原住職 「本当の音を引き出してくれる人に使ってほしいですね」と語る石原住職

音楽のバンドのステージで、ドラムに代わる楽器としてポピュラーになってきた箱型の打楽器「カホン」。大手楽器メーカー製など様々なブランドのものが流通する中、国内外の一流ミュージシャンが愛用するカホンが京都の寺院で作られている。臨済宗東福寺派大本山東福寺(京都市東山区)の塔頭盛光院の石原守宏住職(68)が手作りする「遼天カホン」だ。

「遼天」は道号で、寺の一室に「遼天CAJON工房」を構える。本山の法務部長(執事)を務め、日中は多忙を極めているため、作業は夜に一人で行っている。

石原住職がカホンと出合ったのは今から18年前のこと。偶然、路上ライブで演奏されているのを見て興味を持ち、インターネットの情報を頼りに試行錯誤しながら作ってみた。知り合ったギニア出身のパーカッショニストに試奏してもらったところ「良いものなので売るべきだ」と勧められ、販売を開始した。

「かつて高級カーオーディオ機器の会社を経営していたことが役に立ちました。木工が得意でしたし、特にスピーカーの音響に関する知識や技術をカホン作りに生かすことで、よく響くいい音色のカホンを作ることができていたようです」と当時を振り返る。

口コミで広がり、今ではコブクロ、スキマスイッチ、サザンオールスターズの桑田佳祐のバックミュージシャンが使っている。米国ボストンでも販売され、海外の有名パーカッショニストが多数愛用している。

人気の理由は品質と音の良さ。ほかの多くのカホンが手でたたく表面の響きだけに重点を置いているのに比べ、石原住職の作るカホンは、ギターのボディーに使われているブレイシングの技術を取り入れ、箱全体を振動させて響かせる。木材もギターと同じものを採用、仏壇店を通して黒檀を入手することもある。

見栄えにもこだわり、約30種類のカンナを使って本体を仕上げ、木目を生かした丁寧な塗装を行い、寄せ木細工の装飾まで自分で施している。楽器の底には「飛天」「菩薩」などの仏教に関連した銘が揮毫されている。

コロナ禍でミュージシャンたちのライブ活動が自粛され、演奏者あっての楽器作りとの思いが強い石原住職は、春から製造を一時休止している。「終息したらまた多くの人に使ってもらいたいですね。楽器は生き物ですから、生命を吹き込み、本当の音を引き出してくれればありがたいです」

(河合清治)

2018年8月に飛騨護国神社で行われた遺品の日の丸の返還式

戦没者遺品返還に尽力 日の丸をご遺族の元に

2月17日

岐阜県高山市の飛騨護国神社の田中宏宮司(43)は米国のNPO「オボン・ソサエティ」と協力し、第2次世界大戦で米兵が戦利品として持ち帰った旧日本兵の遺品の日の丸を遺族に返還…

浄業寺跡の墓石の前で法要を営んだ保存活用委員会の僧侶ら

廃寺跡の活用に尽力 歴史発掘、観光資源に

2月3日

松本隆行・臨済宗建長寺派能満寺(神奈川県伊勢原市)住職(48)は、日本三百名山の一つ、大山(同県)の麓・三ノ宮地区にある地元の人々から忘れ去られた寺院の復興を通じて地域活…

鐘堂の前で鐘撞きに参加する子どもたちと早間住職(中央)

子が鳴らす鐘 響き渡る 梵鐘が取り持つご縁

1月20日

佐賀県唐津市山本地区は夕暮れ時になると決まって鐘の音が鳴り響く。浄土真宗本願寺派萬德寺の鐘で、撞いているのは地域の子どもたちだ。 早間文城住職(64)の呼び掛けで1年半ほ…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加