PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

初参式、門徒宅で営む 既成枠とらわれず伝道

大阪府豊中市 真宗佛光寺派最勝寺 中井賢隆住職

門徒宅に出向く「おうちで初参式」で赤ちゃんの誕生を祝う中井住職㊧ 門徒宅に出向く「おうちで初参式」で赤ちゃんの誕生を祝う中井住職㊧

大阪府豊中市・真宗佛光寺派最勝寺の中井賢隆住職(62)は同派の布教使の会「勝友会」の会長として全国を飛び回る一方、自坊では既存の考え方にとらわれない伝道活動に取り組んでいる。

今夏に始めた「おうちで初参式」がその一例。真宗では門徒家庭に赤ちゃんが生まれると両親らが所属寺院に連れていく初参式が営まれるが、これを寺ではなく、門徒宅で行うという試みだ。

初参式は生まれて初めてお寺にお参りし、新たないのちの誕生を本尊に奉告する儀式だが、人が最初に出遇う仏様はその家の内仏(仏壇)ではないか――。以前からのそんな疑問と、近年の「門徒の寺離れ」で初参式の参拝が減ったことを踏まえて企画を温めてきた。

儀式自体は赤ちゃんの体調や機嫌などに配慮して仏壇前での勤行と記念念珠の授与、お祝いの言葉など30分程度の簡素な内容だが、「8月に初めて実施した門徒のご家族は『ほかの門徒にも宣伝しておきます』ととても喜んでくれた」と中井住職。「お寺へのお参りが減るのならば、こちらから出向いていけばいい」と笑う。

このほか、5年ほど前から新年の勤行に加えてビンゴなどのレクリエーションも楽しみながら正月のひとときを過ごす初詣行事「年始参り」も行い、門徒に好評。若い頃にデザインの専門学校で学んだ経験があり、自身が作画した個性豊かなイラストをあしらったクリアファイルやパスケースを制作するなど、芸術的な才能も発揮している。

何事も「楽しんでやる」が信条で「私自身が楽しくないのに楽しみが人に伝わるわけがない」。ただ、活動の原動力はそうした性格だけでなく、20代後半に聞いた池田勇諦氏(同朋大名誉教授)の法話に原点がある。

僧侶として一定の経験を積み、「仏教はこういうものだ」と無意識に考えていた時期だったが、「知識の上にあぐらをかいて教えを自分の上に確かめたものになっていないことに気付かされた。真宗が明らかにしようとしているのは自己自身。そこをあいまいにしてきた」と振り返る。

例えば「真宗では」と考える時に出てくる「真宗はこうあるべき」という思い。「しかし、それは知識を基に『私がつくった枠』。そこに落とし穴がある」と指摘。「教えが自分を生かす力になっているか」と自問しながら「『お寺や仏教はこういうもの』を打ち破るようなことをしたい」と考えている。

(池田圭)

貴重な文化財を目にしようと多くの来場者でにぎわう妙定院展(2017年)

難逃れた仏教遺産公開 「開かれたお寺」目指し

11月17日

多くの人に戦災を免れた貴重な仏教遺産に親しんでもらう機会にと、東京都港区の浄土宗妙定院は文化の日(11月3日)を中心とする「東京文化財ウィーク」に連動した公開事業として、…

10月10日の御遠忌で和田邸の前を歩く稚児行列と岩越住職。コロナ禍の中で、粘り強く話し合い理解を得て実現した

古民家で地域活性化 活動で出会う人は財産

11月2日

岐阜県笠松町の真宗大谷派福證寺の岩越智俊住職は、国登録有形文化財「和田邸」の活用を通じて地域の活性化を志す。関係者の思惑の食い違いに遭遇しながらも「声を上げる人ほど相手の…

「お寺を第2の家に」と意気込む千佳住職(右から2人目)、師恩副住職(同4人目)、阿梨耶氏(右端)ら

お寺を第2の家に 住職らの得意光る催し

10月22日

真宗大谷派寶蓮寺(京都市下京区)は住職、副住職だけでなく寺族全員で、誰もが集まれる寺づくりに力を注いでいる。 本堂の隅には絵本がズラリと並ぶ。毎週金曜に佐々木千佳住職(6…

見えざるものの力 死者との関係を取り戻す

社説11月26日

卵子凍結 いのちを豊かにする技術?

社説11月24日

ある看護師の昇天 マザー・テレサと共に

社説11月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加