PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

子が鳴らす鐘 響き渡る 梵鐘が取り持つご縁

佐賀県唐津市 浄土真宗本願寺派萬德寺 早間文城住職

鐘堂の前で鐘撞きに参加する子どもたちと早間住職(中央) 鐘堂の前で鐘撞きに参加する子どもたちと早間住職(中央)

佐賀県唐津市山本地区は夕暮れ時になると決まって鐘の音が鳴り響く。浄土真宗本願寺派萬德寺の鐘で、撞いているのは地域の子どもたちだ。

早間文城住職(64)の呼び掛けで1年半ほど前に始まった。きっかけは寺の門徒で元衆議院議員の保利耕輔氏から梵鐘の寄進を受けたことだった。

鐘堂は、耕輔氏の父で元衆議院議長や佐藤内閣の官房長官などを務めた茂氏夫妻の墓があった場所に立つ。耕輔氏が東京の自宅からお参りしやすい築地本願寺(東京都中央区)への分骨を望み、墓の跡に鐘堂を建てることを申し出たからだ。

鐘堂の建設は26歳で住職を継いだ早間住職の念願だった。しかし本堂の修復なども必要で、鐘堂を建てる余裕はなかった。除夜の鐘を本堂備え付けの喚鐘で鳴らしているのを見かねた門徒が「俺が梵鐘を寄進してやろう」と言ってくれたが、あまりに高額な資金が必要と聞いて、ただただ驚くほかなかった。

「念願だった鐘堂をただのお飾りにはしたくなかった」。夏は午後6時、冬は同5時に帰宅を促すチャイムが鳴るのに合わせて鐘を撞いてもらうよう呼び掛けたところ、毎日数人の小学生らが訪れるようになった。

子どもたちはまず鐘堂の前で一礼、合掌してから鐘を撞き、終わったら再び合掌して礼をする。焼香と同じ作法だ。早間住職は「鐘撞きに参加している子どもが、おじいちゃんやおばあちゃんに焼香の作法を教えることもありますよ」と言ってほほ笑む。

最初は鐘が鳴ることに苦情が来ないかと心配したが、子どもたちが楽しんで撞く様子に地域の人たちも温かなまなざしを向ける。「早めに来て遊ぶ子、境内の掃除をしてくれる子もいます。みんな純粋に楽しみながらお寺と関わりを持ってくれています」。家庭の問題など悩みを打ち明ける子もいるという。子どもたちにとってお寺を安心できる居場所にしたいとの思いから、子どものいい面を見つけてたくさん褒めるよう心掛けている。

「この取り組みは子どもたちが将来大きくなった時にお寺に戻ってくる種まきです」と早間住職。鐘撞きに来る小学生が思春期になってお寺から離れても、一度築いた縁は後々生きてくるとの思いがある。「梵鐘をきっかけに子どもたちが親鸞聖人のおみのりを聴く人に育ってくれればうれしい」

(岩本浩太郎)

200遠忌記念で整備した成瀬正典の墓塔の前に立つ大給住職

法華大名成瀬正典を調査 信仰誘った人と地域の縁

4月21日

日蓮宗修行寺(東京都杉並区)の大給海真住職(53)は同寺を外護した大名、成瀬正典(1742~1820)を顕彰している。一代法華の大名で、生涯に法華経全8巻を4度書写し、曼…

2018年に真言宗須磨寺派大本山須磨寺で厳修された音楽法要で和太鼓を鳴らす雲井住職

声明公演と災害支援 H1で発信呼び掛け

4月7日

天台宗能福寺(神戸市兵庫区)の雲井雄善住職(52)は、各地で声明の公演を行うとともに災害被害に遭った人への支援活動を続ける「天台聲明兵庫社会奉仕會」の代表として、伝教大師…

初めての人やリピーターも多い「おひとりさま写経会」

「行きつけの寺」目指す SNS発信は布施行

3月24日

北海道函館市・浄土宗湯川寺の筒井章順副住職(34)は、地域の人のための「行きつけのお寺」を目指して活動を続けている。昨年1年間は新型コロナウイルス感染症の流行のため、多く…

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律

社説5月7日

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

社説4月28日

多様性の尊重 標準を押し付けない社会

社説4月23日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加