PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

戦没者遺品返還に尽力 日の丸をご遺族の元に

岐阜県高山市・飛騨護国神社 田中宏宮司

2018年8月に飛騨護国神社で行われた遺品の日の丸の返還式 2018年8月に飛騨護国神社で行われた遺品の日の丸の返還式

岐阜県高山市の飛騨護国神社の田中宏宮司(43)は米国のNPO「オボン・ソサエティ」と協力し、第2次世界大戦で米兵が戦利品として持ち帰った旧日本兵の遺品の日の丸を遺族に返還する活動を続けている。護国神社ネットワークを生かして返還の仕組みをつくり上げ、全ての件に直接関わっているわけではないが、300近くの日の丸を遺族の元に届けた。

きっかけは2012年、息子の友人の父親から受けた相談だった。その父親が高校生の頃、米国留学先のホストファミリーから「遺族に返してほしい」と日の丸を託された。当時は事情ものみ込めないまま受け取ったが、遺族の捜し方も分からず、数十年が過ぎてずっと心残りになっていた。護国神社なら遺族とつながりがあるのではと相談に来た。調べると1週間ほどで遺族が見つかり返還できた。

この経緯を記したSNSの投稿が、同じように日の丸の返還先を捜していた米国オレゴン州在住のレックス・ジーク氏と妻の敬子氏の目に留まりコンタクトがあった。

敬子氏自身も戦没者遺族で「じいちゃんの日の丸が帰ってきた」と感激した経験があった。激戦地の戦没者の場合、紙のみが入った骨つぼを渡されることも少なくなかった。一方、米国には何千点、何万点の遺品がある。そこでジーク氏夫妻はオボン・ソサエティを立ち上げた。

田中宮司は全国護国神社会の会合で協力を呼び掛け、オボン・ソサエティには米国の在郷軍人会に当たる団体などに日本兵の遺品が家庭にないか探してもらうよう依頼した。その結果、返還が実現するようになった。返還に至った場合は護国神社などで返還式を行うよう勧めている。18年8月の飛騨護国神社での返還式には世代を超えて大勢の遺族が集まった。

護国神社神職としては祭神と遺族との縁を保つため、返還式は神社でと考えているが、赤紙送付の実務を担った行政が関わるべきだという意見もあり、県庁で行うことも。受け取らない選択も含めて遺族の判断によるが、コロナ禍の下では郵送のみとなっている。

「ご遺族を捜すニュースは昔からあったが、なぜ護国神社に相談に来ないのかなと疑問に思っていた。世代交代が進み、何十年もかけて行う活動ではない。血痕の付いた日の丸も少なくなく、私はご遺骨と同じだと捉えている。お墓に納めるなどしてご遺族の手元で大切にしていただきたい」と話した。

(武田智彦)

200遠忌記念で整備した成瀬正典の墓塔の前に立つ大給住職

法華大名成瀬正典を調査 信仰誘った人と地域の縁

4月21日

日蓮宗修行寺(東京都杉並区)の大給海真住職(53)は同寺を外護した大名、成瀬正典(1742~1820)を顕彰している。一代法華の大名で、生涯に法華経全8巻を4度書写し、曼…

2018年に真言宗須磨寺派大本山須磨寺で厳修された音楽法要で和太鼓を鳴らす雲井住職

声明公演と災害支援 H1で発信呼び掛け

4月7日

天台宗能福寺(神戸市兵庫区)の雲井雄善住職(52)は、各地で声明の公演を行うとともに災害被害に遭った人への支援活動を続ける「天台聲明兵庫社会奉仕會」の代表として、伝教大師…

初めての人やリピーターも多い「おひとりさま写経会」

「行きつけの寺」目指す SNS発信は布施行

3月24日

北海道函館市・浄土宗湯川寺の筒井章順副住職(34)は、地域の人のための「行きつけのお寺」を目指して活動を続けている。昨年1年間は新型コロナウイルス感染症の流行のため、多く…

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律

社説5月7日

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

社説4月28日

多様性の尊重 標準を押し付けない社会

社説4月23日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加