PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

SDGsでつながる 異業種と共に課題解決

山梨県甲州市・曹洞宗法幢院 松山典嗣住職

子どもたちを対象とした坐禅会で坐禅を指導する松山住職 子どもたちを対象とした坐禅会で坐禅を指導する松山住職

自然に恵まれた山梨県甲州市の曹洞宗法幢院は昨年11月に2週間、坐禅会を開いたところ、コロナ禍にもかかわらず約300人の参禅者が訪れた。松山典嗣住職(42)は成功の鍵は、異業種と連携できる「SDGs」への取り組みだと話す。

松山住職が持続可能な開発目標であるSDGsの理念を寺院運営に用いるようになったのは2年半ほど前だ。様々な行事をSDGsの17の目標と結び付けている。

例えば坐禅会は、SDGsの3番目の目標「すべての人に健康と福祉を」、坐禅会で地元の特産品を販売する取り組みは、11番目の目標「住み続けられるまちづくりを」に当たるといった具合だ。

もともと「葬儀や供養だけでなく、生きている間にお寺に関わってほしい」と精進料理教室や子ども坐禅会などの行事を手掛けてきたが、転機となったのは38歳の時、SDGsを推進する青年会議所(JC)のメンバーとなったことだった。以来、社会の問題に取り組むNPOの研修などに顔を出すようになり、身近なところに多くの課題があることを知った。

「社会と関わっていくには対話がキーワード。以前はそれがなかった。一方的に教えを伝えようとしていた。今では地域の声が自然にお寺に届くようになった」

寺や様々な場所で地域の課題について話し合う時、既にSDGsへの取り組みが始まっていると感じている。「課題を抱えた当事者も含めて、自分たちで何ができるか。異業種の団体と組むことで解決策が生まれることがある。SDGsは地球規模の大きな課題を扱うが、それを細かくして目の前の課題に落とし込んでいくことができる」と語る。

コロナ禍以前は在宅で仕事をする人たちにスペースを貸す「寺co-working(コワーキング)」の1カ寺としても活動。地域住民と耕作放棄地でソバを育てるなど、地域に密着した取り組みを展開している。

曹洞宗宗務庁もSDGsに取り組んでおり、SDGs推進委員会で具体策を検討している。その委員でもあり、オンラインで自らの経験を伝えている。

「1カ寺でできることは限られている。多くのお寺が取り組み、連携していくことで、もっと面白いことができる。そうしたら日本も元気になっていくだろう」と夢は膨らむ。

(赤坂史人)

着々と工事が進む本堂前に立つ名倉住職㊧と次男・慶慧君(9)

気軽に足運べる寺へ 伽藍建て替えに挑む

6月30日

愛知県幸田町・浄土宗西山深草派妙徳寺の名倉倫子住職(45)が本堂など伽藍の建て替えに挑んでいる。元祖法然上人立教開宗850年記念事業の一環。6月からは山門と水屋の建て替え…

「アプローチを変えながらも内容は全て法話です」と話す互井住職

コロナ下での教化 冊子復刊 ワークショップを紹介

6月2日

日蓮宗経王寺(東京都新宿区)はこのほど、2018年から休刊していた冊子『hasunokahori』を復刊した。寺でのワークショップが開けない中、誌面を使った布教に努めてい…

長めの2尺4寸の尺八を吹く釋閑栖

還暦後再開 憧れの師に学ぶ 尺八演奏、地元で活躍

5月26日

京都府南丹市の臨済宗妙心寺派阿彌陀寺の釋光明閑栖(73)は、大本山妙心寺で営まれる新亡供養や開山忌等で献笛するなど、派内和尚では数少ない尺八の名手として知られる。寺院関係…

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要

社説7月21日

多様化する葬祭 問うべきは宗学上の意味

社説7月16日

道心堅固の教え 現代の修行の亀鑑

社説7月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加