PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

仏様と一緒の感覚共有 本堂自由に開放日設定

大阪府吹田市 浄土真宗本願寺派千里寺

「がらん伽藍の日」の本堂は文字通りがらんとしている(奥で読書しているのは武田副住職) 「がらん伽藍の日」の本堂は文字通りがらんとしている(奥で読書しているのは武田副住職)

大阪府吹田市の浄土真宗本願寺派千里寺(武田達城住職)では毎月1、2回、誰でも本堂で自由に過ごせる「がらん伽藍の日」を設けている。「一人でも多くの人と、仏様と一緒にいさせていただく感覚を共有したい」という武田大信副住職(33)の発案で、2018年頃に始めた。

同寺は阪急千里線千里山駅から徒歩2分の地にある。がらん伽藍の日は特に催しがあるわけではないので、文字通り本堂はがらんとしている。訪問者は名前や住所を問われることはなく、僧侶による読経や法話もない。

大信副住職は本堂の隅で静かに読書をして過ごす。寺を安全に管理するため本堂にいるが、訪問者が気兼ねなく過ごせるよう極力存在感を消すよう努めている。「求められなければ、こちらから話し掛けることはしません。沈黙に耐えるということに一番苦労します」

きっかけは門徒から「子どもの家に仏壇がない」「そもそも家に仏間がない」という話を聞いて、それなら「本堂を皆さんの仏間に」と思い立ったこと。家庭の仏間なのだから、過ごし方も各人の自由というわけだ。

掲示板などで取り組みを知った人がふらりと訪れる。毎回多くても1、2人。通常の行事では多くの人がいて話しづらくても、がらん伽藍の日なら気兼ねなく話してもらえるから、それくらいの人数がちょうどよいという。

過ごし方は十人十色。本尊阿弥陀如来の前でじっと座っている人もいれば、仏教や仏事のことなどを大信副住職に尋ねる人もいる。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い一斉休校となった際には子どもたちが訪れ、アニメソングに合わせて踊りを披露してくれた。

遺影を持ったまま、しばらく本尊を見上げてたたずんでいる人もいた。縁者の葬儀後のことが気掛かりで訪ねたのだという。この出会いを契機にその人は度々同寺の法座などにも参加し、熱心に聴聞するようになった。

「何年かに一人でも、そういう方と出会ってお寺とのお付き合いが始まるのならうれしい。たとえ一度限りの訪問であったとしても、それをきっかけに仏縁が広がればとの期待もあります」

誰も来ない日もあるが大信副住職は読書に専念できるから特に落胆はしない。この気楽さが長く続けていけるコツだ。

「しんどくなったときに、いつでも行ける学校の保健室のような場所が用意されているのはとても大事。お寺も地域の中でそんな場所になればと思っています」

(岩本浩太郎)

「宗門もお寺も、女性が当たり前にいる場所にしたい」と話す中川住職

誰もが生きやすい社会へ 女性の視点、宗政にも

8月10日

真宗大谷派常願寺(三重県四日市市)の中川和子住職(49)は、地域社会と連携した「生理の貧困」への支援活動や、性別や慣習にとらわれず女性も住職となれるよう自身の経験を伝える…

青少年の健全育成に熱い思いを持つ松永慈弘住職

子の育成と文化継承に力 青少年に充実の人生を

7月7日

埼玉県川口市の日蓮宗実相寺は毎月、「実相キッズ」を催し、地域の子どもたちの健全育成と日本文化継承に努めている。 荒川を挟んで東京都に接する川口市。鋳物の町として全国に知ら…

「人財育成が重要だ」と語る壬生氏(高森町役場で)

ウクライナ支援に奔走 忘己利他、人財育てる

6月15日

ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、天台宗隣政寺(長野県高森町)副住職の壬生照玄氏(52)は、高森町長としてウクライナ支援に奔走している。外務省や法務省出入国在留管理庁、…

次世代に胸張れるか ジャーナリズム精神の今

社説8月10日

家族、いのちとは問う 「ベイビー・ブローカー」で

社説8月5日

循環に生きる 「断捨離」から再生へ

社説8月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加