PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

行政書士資格を取得 地域貢献、収入源にも

京都府南丹市 丹波新生教会園部会堂 宇田慧吾牧師

キラリ 頑張る寺社・宗教者・宗教施設2021年10月6日 13時48分(2021年10月7日 16時38分更新)
園部会堂内に行政書士事務所を開業した宇田牧師 園部会堂内に行政書士事務所を開業した宇田牧師

京都府南丹市の日本基督教団丹波新生教会の園部会堂内に昨年5月、行政書士事務所が開業した。代表の宇田慧吾牧師(32)は、牧師としての奉仕の傍ら2019年に行政書士の資格を取得。副業の収入を確保し教会の護持に役立てるとともに、過疎地域の課題解決にも貢献している。

事務所の主な業務は、成年後見人の受任や財産管理、事業者給付金の代理申請など。南丹市は人口約3万人と小規模なため大都市に比べると仕事が少なく、行政書士などの法律家が不足している。宇田牧師が抱える顧客件数も決して多くはないが、1件当たりの単価が高いため、牧師としての収入を合わせると事務所の維持には十分だという。

資格取得を目指し始めたのは18年の春。日曜日の礼拝で知り合った身寄りのない高齢者や、障がいのある青年と交流を深めたのがきっかけだった。

宇田牧師はそのような人々に付き添う際、社会福祉協議会(社協)や司法書士らと連携することでトラブルを解決できたが、一方で法律的な問題が絡むと自分だけでは解決できない現実を痛感した。過疎地域のため社協と連携できる法律家も少なく、自分自身が行政書士になることが地域の助けになると考えた。

当時は牧師の仕事に加え、NPO法人の運営や育児にも追われていた。公私ともに多忙を極める中、半年にわたり1日5時間を試験勉強に充てた。「あまりに忙しかったので、勉強している時間が一番の息抜きだった」と振り返る。

現在は事務所での業務のほか、若手牧師らで構成する「みのりサポート」(大阪市城東区)の理事として独居高齢者の生活支援にも取り組む。「出会った隣人に尽くすという意味では牧師と同じ仕事だが、行政手続きという点でもお手伝いができるようになったのはうれしい」と語る。

宗教者が資格を取得することについては「宗教者のスピリットを社会に生かすためにも、ぜひ増えていってほしい。宗教以外のチャンネルを持って、社会と関わることが重要だと思います」と話した。

(石邊次郎)

「宗門もお寺も、女性が当たり前にいる場所にしたい」と話す中川住職

誰もが生きやすい社会へ 女性の視点、宗政にも

8月10日

真宗大谷派常願寺(三重県四日市市)の中川和子住職(49)は、地域社会と連携した「生理の貧困」への支援活動や、性別や慣習にとらわれず女性も住職となれるよう自身の経験を伝える…

青少年の健全育成に熱い思いを持つ松永慈弘住職

子の育成と文化継承に力 青少年に充実の人生を

7月7日

埼玉県川口市の日蓮宗実相寺は毎月、「実相キッズ」を催し、地域の子どもたちの健全育成と日本文化継承に努めている。 荒川を挟んで東京都に接する川口市。鋳物の町として全国に知ら…

「人財育成が重要だ」と語る壬生氏(高森町役場で)

ウクライナ支援に奔走 忘己利他、人財育てる

6月15日

ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、天台宗隣政寺(長野県高森町)副住職の壬生照玄氏(52)は、高森町長としてウクライナ支援に奔走している。外務省や法務省出入国在留管理庁、…

次世代に胸張れるか ジャーナリズム精神の今

社説8月10日

家族、いのちとは問う 「ベイビー・ブローカー」で

社説8月5日

循環に生きる 「断捨離」から再生へ

社説8月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加