PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

お寺を第2の家に 住職らの得意光る催し

京都市下京区 真宗大谷派寶蓮寺

「お寺を第2の家に」と意気込む千佳住職(右から2人目)、師恩副住職(同4人目)、阿梨耶氏(右端)ら 「お寺を第2の家に」と意気込む千佳住職(右から2人目)、師恩副住職(同4人目)、阿梨耶氏(右端)ら

真宗大谷派寶蓮寺(京都市下京区)は住職、副住職だけでなく寺族全員で、誰もが集まれる寺づくりに力を注いでいる。

本堂の隅には絵本がズラリと並ぶ。毎週金曜に佐々木千佳住職(63)が子どもたちへ読み聞かせをし、ギターの演奏会などを開いてきた。大谷楽苑の指揮者として活躍した先代の日出夫氏(故人)も生涯、仏教音楽の普及、伝道に尽力した。

その背中を見て育った師恩副住職(30)はお斎を手料理で振る舞う計画を立てている。料理が趣味で、子どもの頃から体に良いものを食べて育ってきたこともあり、安全でおいしいものを多くの人に届けたいと考え発案した。8月に行ったワークショップで料理を手作りし、トマトの浅漬けや焼きナスとカシューナッツのスープなど夏野菜を使った11種類のおかずに参加者は目を輝かせた。

住職の長女・近江阿梨耶氏(34)はコロナ禍で行き場をなくした母子が集える場にと、2月に「レインボーキッズ」を立ち上げた。週2回開き、午前中は親子で楽しめる英会話教室やダンス教室、午後3時からは児童館として同寺を無償で開放している。阿梨耶氏は子どもを持つ親としての視点を強みにし「一人で育児に悩まず気軽に訪ねてほしい」と話す。

今年初めて本堂で地蔵盆を開き、住職による説法や紙芝居のほか、子どもが自ら売り手となる「こどもマーケット」や無農薬の八百屋による飲料販売、タイ古式マッサージを受けられるコーナーを設けた。

ワークショップでつながった人や門徒、近隣の親子らが集い、にぎわいを見せた。1歳から88歳まで幅広い年齢の人が集まった理由は、これまでの同寺の取り組みが実を結んだからだ。先々代からの門徒で80代の今村知恵氏は「いつも楽しい催しを開いてくれてうれしい。お寺の集まりでしか会えない人もいるからありがたい」と話した。

阿梨耶氏は「それぞれの住職のカラーを出しながら、第2の家としてお寺を浸透させていきたい。今後、仏前結婚式にも挑戦したい。コロナ禍で式を挙げられなかった人やLGBTQ(性的少数者)にも対応していければ」と意気込み、千佳住職は「こんな時代だからこそ仏法を広め、世の中を明るくしたい」と話した。

(日野早紀子)

「遺族に寄り添えるのが僧侶」と話す関本副住職

傾聴通じ自死向き合う 「H1」優勝が自信に

12月1日

奈良市内で10月30日に開かれた「H1法話グランプリ2021」で、融通念仏宗大念寺(大阪府寝屋川市)の関本和弘副住職(45)がグランプリに輝いた。参加資格が45歳以下のた…

貴重な文化財を目にしようと多くの来場者でにぎわう妙定院展(2017年)

難逃れた仏教遺産公開 「開かれたお寺」目指し

11月17日

多くの人に戦災を免れた貴重な仏教遺産に親しんでもらう機会にと、東京都港区の浄土宗妙定院は文化の日(11月3日)を中心とする「東京文化財ウィーク」に連動した公開事業として、…

10月10日の御遠忌で和田邸の前を歩く稚児行列と岩越住職。コロナ禍の中で、粘り強く話し合い理解を得て実現した

古民家で地域活性化 活動で出会う人は財産

11月2日

岐阜県笠松町の真宗大谷派福證寺の岩越智俊住職は、国登録有形文化財「和田邸」の活用を通じて地域の活性化を志す。関係者の思惑の食い違いに遭遇しながらも「声を上げる人ほど相手の…

情報のTsunami 救済は全人的知に基づく

社説12月3日

WCRP50年 新たな10年へ行動目標

社説12月1日

見えざるものの力 死者との関係を取り戻す

社説11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加