PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

「口から入る仏教」伝道 稲作を通じ社会に貢献

長野県高山村 浄土真宗本願寺派光西寺 真出智真住職

共に田植えをした親子連れと記念撮影に興じる真出住職(左端) 共に田植えをした親子連れと記念撮影に興じる真出住職(左端)

涼しい風が木々を揺らす長野県高山村の初夏の水田で、浄土真宗本願寺派の僧侶やボランティアたちが熱心に稲を植えていた。

食べる人の自立を願い「一本立ち」と名付けられた米は、地元の社会福祉協議会や本願寺派が運営する福祉施設などに寄付され、困窮者やハンディキャップのある人々に届けられる。田植えを主導する真出智真・光西寺住職(60)は「食べて心を満たすことを通して『口から入る仏教』を広めたい」と語る。

田植えには普段農作業をすることのない僧侶らも参加。田んぼの心地よいぬかるみを楽しみながら、1本ずつ手分けした苗を丁寧に植えていた。

近年、長野県内では米農家を中心に廃業する農家が増えている。高山村でも借り手がつかず、耕作放棄地となる水田が後を絶たない。真出住職はこうした荒れ地を引き受け、重機を駆使しながら自らの手で開墾をしてきた。

開いた農地は、全国の人々との交流の拠点でもある。6月には首都圏に住む家族連れを招き、共に田植えを行った。過去には障がい者を招待して村内でリンゴ狩り体験を実施したことも。「社会貢献の場づくりが寺の使命だと思っている。農業を通じて社会貢献し、寺を知ってもらいたい」と言う。

光西寺には門徒がほとんどおらず、葬儀や法要による収入はごくわずか。農業や交流事業に必要な資金は住職自らがアルバイトで稼いだ給料で賄っており、60歳を迎えた今でもスキーのインストラクターや塗装業の仕事を続けている。

元々、規模の小さい寺を継ぐ気はなかった。住職だった祖父の「光西寺は何にもないなあ」という言葉が忘れられなかった。祖父は本願寺の職員を務めた後、光西寺の養子となり熱心に寺を守ってきたが、資源の少ない寺を振り返り思わず漏らしたという。

地元を離れ東洋大の夜間部に進学し、卒業後は百貨店や建設会社で働いた。しかし先代住職の父が亡くなり、急きょ住職を継ぐことに。門徒も減って廃寺もちらつく中、豊かな自然を生かし、農作業で人々と交流する寺院づくりを始めた。

「『衣食足りて礼節を知る』という言葉があるが、仏教を知るためにもまずはおなかをしっかり満たすことが大事。そのために汗を流し、困っている人の心とおなかを満たしたい」と話した。

(石邊次郎)

「人財育成が重要だ」と語る壬生氏(高森町役場で)

ウクライナ支援に奔走 忘己利他、人財育てる

6月15日

ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、天台宗隣政寺(長野県高森町)副住職の壬生照玄氏(52)は、高森町長としてウクライナ支援に奔走している。外務省や法務省出入国在留管理庁、…

多くの人が集う「千年乃藤」と野澤宮司

震災機に藤まつり開始 人が集うご神木を育成

5月18日

國領神社(東京都調布市)のご神木「千年乃藤」が4月中旬から咲き始め、満開を迎えた。見頃の時期に合わせて藤まつりが開かれるなど、ご神木の下には地元住民はもちろん遠方からも多…

「桂米朝落語研究会」20年記念の奉納額を紹介する鳥居宮司

笑いは日常への活力 落語会50年以上続ける

5月9日

京都市東山区の安井金比羅宮で、桂米朝一門による落語会が50年以上にわたり開かれている。鳥居肇宮司は「笑いは日常への活力。昔から神社仏閣は最先端の芸術・芸能に庶民が触れられ…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加