PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

DV予防教育で尽力 お寺を若者の居場所に

長崎市 浄土真宗本願寺派教宗寺 小岱海衆徒

生徒らに向けて講演する小岱氏 生徒らに向けて講演する小岱氏

浄土真宗本願寺派教宗寺(長崎市)衆徒の小岱海氏(32)は、県内の中高生を対象にした「デートDV」の予防教育や若者の居場所づくりなど、幅広い活動に取り組む。お寺を地域の拠り所や人々の居場所とするために、現代に合った寺院の形や僧侶の在り方を模索し続けている。

本願寺派の「思春期・若者支援コーディネーター養成研修会」を受講したことをきっかけに、長崎犯罪被害者支援センターの支援員として活動を始めた。支援員研修の中でNPO「DV防止ながさき」の講演を聴き、友人が交際相手との関係に悩んでいた際に何もできなかった経験から関心を持ち、同団体に所属して予防教育に取り組むようになった。

「政府の調査では、デートDVの経験者は6人に1人。夫婦間のDVと同じくらい身近な問題なのです」と話す。

県内の中学・高校で年間30件ほど講演し、対等な関係を築くための考え方や伝え方などを語り掛けている。生徒からは「殴る蹴る以外の暴力があることを知らなかった」「(交際)相手を束縛し過ぎていたかもしれない」などの声が寄せられたという。

若い世代が気軽に相談できるよう、電話だけでなくオンライン相談の導入を進めている。

また、チャレンジする若者を応援する「ながさき若者会議」のメンバーと共に、お寺を若者の居場所とする活動にも取り組む。

「居場所を求める若者は多く、学校と家以外に安心できる場所があればと思いました。お寺の空いている時間や場所を活用して、誰でも自由に過ごせるコミュニティースペースを設けています」

口コミで訪れる人が増え、利用者は勉強をしたりおしゃべりをしたりして過ごしている。悩み相談を受けることもあるという。

僧侶として幅広い活動に取り組む理由について「生き方に正しいも間違いもなく、一人一人がどう生きていくかという答えを探すことが大切だと思っています。様々な活動を通してそのきっかけをつくっていきたい」と話す。

活動の中で支援を申し出てくれる人も多く、「助けてほしい人もいれば、力になりたいけど何をしていいか分からない人もいます。お寺で人々がつながり、より良い地域になっていけたら」と語った。

(渡部梨里)

多くの人が集う「千年乃藤」と野澤宮司

震災機に藤まつり開始 人が集うご神木を育成

5月18日

國領神社(東京都調布市)のご神木「千年乃藤」が4月中旬から咲き始め、満開を迎えた。見頃の時期に合わせて藤まつりが開かれるなど、ご神木の下には地元住民はもちろん遠方からも多…

「桂米朝落語研究会」20年記念の奉納額を紹介する鳥居宮司

笑いは日常への活力 落語会50年以上続ける

5月9日

京都市東山区の安井金比羅宮で、桂米朝一門による落語会が50年以上にわたり開かれている。鳥居肇宮司は「笑いは日常への活力。昔から神社仏閣は最先端の芸術・芸能に庶民が触れられ…

本堂で手を合わせる古川住職。在家出身で一念発起、マンションの一室から寺院をスタートさせた

利他の実践 自らの使命 挑戦続け活動の幅広く

4月20日

真言宗御室派祐照寺(大阪府大東市)の古川真照住職(60)は、1997年に一念発起してマンションの一室から寺院をスタートさせた。 在家出身で呉服屋の営業マンとして活躍した。…

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後

社説5月25日

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加