PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

「檗画院」主宰し芸術家育成 檗画僧としても活躍

滋賀県米原市・黄檗宗西圓寺 内藤香林住職

芸術家育成塾「檗画院」を主宰する内藤住職 芸術家育成塾「檗画院」を主宰する内藤住職

滋賀県米原市の黄檗宗西圓寺の内藤香林住職(70)は「檗画僧」として芸術を通じ、黄檗禅の世界を表現するとともに、1994年から芸術家育成塾「檗画院」を主宰し、ジャンルにこだわらず塾生それぞれに備わった感性を作品にする指導を行っている。

「檗画院ではみんなが同じものを描いたり造ったりすることはなく、水彩、油彩、水墨画、木彫、彫塑等々塾生が好きなものを創作します。技法は教えることができても感性を教えることはできませんから。それぞれの感性を具現化して作品として表現する方法を指導しています」と語る。

今から350年前に隠元禅師は明から黄檗禅と共に当時の最先端の文化や芸術を伝えた。先に日本に渡り、隠元禅師を招聘した逸然性融(長崎・興福寺住職)ら画僧もおり、檗画僧と呼ばれてきた。

黄檗宗寺院に生まれ、独特な色彩の荘厳や法具、供物、頂相などを見て育った内藤住職は、子どもの頃から絵を得意とし、特に色使いの評価が高かったという。美術の専門学校・藤川学園(現京都芸術大)では幅広く世界の芸術を学び、腕に磨きを掛けた。

その腕前が宗内でも評判となり、得度後は画僧として活躍。いつしか黄檗宗の芸術活動の復興を志すようになり、檗画僧として活動し、檗画院を設立して芸術家の育成に力を注いできた。

中国仏教協会の趙樸初会長の知遇を得て、1976年には北京の歴史革命博物館で日本人初の個展を開催。高い評価を得て福建省の萬福寺(古黄檗)の復興にも携わった。

黄檗文化学会のある福建師範大の客員教授も務め、隠元禅師ら古黄檗の頂相に見られる「工華蕃画法」の復興にも取り組んだ。清の乾隆帝をはじめ、愛新覚羅帝の肖像画もこの古代肖像画技法で描かれているが、途絶えてしまっていた。

中国では黄檗文化学会へ招待され、宗門では日中友好交流委員会の書記長を務め、宗内の様々な行事のアートプロデュースも手掛けている。

昨年からは塔頭東林院(京都府宇治市)の住職を兼務し、芸術活動による復興に取り組んでいる。

檗画院は毎月第3日曜の午後に大本山萬福寺(同市)と東林院を会場に催している。「芸術大学に発展させたい」と大きな夢を語る。

(河合清治)

「人財育成が重要だ」と語る壬生氏(高森町役場で)

ウクライナ支援に奔走 忘己利他、人財育てる

6月15日

ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、天台宗隣政寺(長野県高森町)副住職の壬生照玄氏(52)は、高森町長としてウクライナ支援に奔走している。外務省や法務省出入国在留管理庁、…

多くの人が集う「千年乃藤」と野澤宮司

震災機に藤まつり開始 人が集うご神木を育成

5月18日

國領神社(東京都調布市)のご神木「千年乃藤」が4月中旬から咲き始め、満開を迎えた。見頃の時期に合わせて藤まつりが開かれるなど、ご神木の下には地元住民はもちろん遠方からも多…

「桂米朝落語研究会」20年記念の奉納額を紹介する鳥居宮司

笑いは日常への活力 落語会50年以上続ける

5月9日

京都市東山区の安井金比羅宮で、桂米朝一門による落語会が50年以上にわたり開かれている。鳥居肇宮司は「笑いは日常への活力。昔から神社仏閣は最先端の芸術・芸能に庶民が触れられ…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加