PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

ウクライナ支援に奔走 忘己利他、人財育てる

長野県高森町・天台宗隣政寺 壬生照玄副住職

「人財育成が重要だ」と語る壬生氏(高森町役場で) 「人財育成が重要だ」と語る壬生氏(高森町役場で)

ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、天台宗隣政寺(長野県高森町)副住職の壬生照玄氏(52)は、高森町長としてウクライナ支援に奔走している。外務省や法務省出入国在留管理庁、ポーランドの日本大使館などに掛け合い、ウクライナからの避難民9人を高森町に受け入れた。

避難者は3歳から40代までの4家族で母親3人と子ども6人。ポーランド経由で1日未明、高森町に到着した。

子どもたちは空手道禅道会ウクライナ支部に所属。壬生氏は「本当に困っている人への支援を行いたいと考え、受け入れを決めた」という。禅道会を通じて募った避難希望者は当初29人いたが、戦闘激化に伴い消息のつかめない人が増え、9人になった。

戦争の長期化が予想されるため、町では4世帯分の町営住宅を提供し、就業支援もしていく。壬生氏は「高森町で生活の基盤ができれば自立していくことが可能になる」と述べる。

町役場は、特産品の市田柿などを海外に情報発信する仕事でフランス人女性を3月まで職員として雇用していた例もあり、外国人受け入れの素地はできている。

壬生氏は町長としても宗教者としても「戦争での人殺しはNOと訴えていかねばならない」とした上で「宗教観は政治には出せないが、地域の人同士で協力していくことや、困っている人を見たら助けようとか、家族やご先祖を大切にしようということを伝える必要がある」と指摘する。

座右の銘は宗祖伝教大師の「忘己利他」。「自分を忘れることはできないが、他人に尽くすことはできる。地域の人のために社会貢献できる『人財育成』を町長のマニフェストにも掲げた」と強調する。

例えば地域の課題を小中学生が話し合って解決方法を町長に提案し、町職員も関わりながら具体化を目指す「みらい懇談会」を行っているほか、社会人学校「信州たかもり熱中小学校」を開いて県内各地の参加者と共に「7歳の目」で世界を見て、人として取るべき行動を考える取り組みを2018年に始めた。

天台宗法人部長などを務めた父の壬生照道住職(83)からは「人としての付き合い方や腹を割って話すことの大切さを教えてもらった」と感謝している。「人財を育てることで田舎から人がいなくなることをなくす」と意気込み「楽しく暮らせる地域づくりを目指していく」と訴えている。

(須藤久貴)

多くの人が集う「千年乃藤」と野澤宮司

震災機に藤まつり開始 人が集うご神木を育成

5月18日

國領神社(東京都調布市)のご神木「千年乃藤」が4月中旬から咲き始め、満開を迎えた。見頃の時期に合わせて藤まつりが開かれるなど、ご神木の下には地元住民はもちろん遠方からも多…

「桂米朝落語研究会」20年記念の奉納額を紹介する鳥居宮司

笑いは日常への活力 落語会50年以上続ける

5月9日

京都市東山区の安井金比羅宮で、桂米朝一門による落語会が50年以上にわたり開かれている。鳥居肇宮司は「笑いは日常への活力。昔から神社仏閣は最先端の芸術・芸能に庶民が触れられ…

本堂で手を合わせる古川住職。在家出身で一念発起、マンションの一室から寺院をスタートさせた

利他の実践 自らの使命 挑戦続け活動の幅広く

4月20日

真言宗御室派祐照寺(大阪府大東市)の古川真照住職(60)は、1997年に一念発起してマンションの一室から寺院をスタートさせた。 在家出身で呉服屋の営業マンとして活躍した。…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加