PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

法務励む傍ら映画製作 人生の重さに添う話を

奈良県斑鳩町 融通念仏宗浄念寺 横田丈実住職

「肩を寄せあって」の撮影風景。中央が横田住職 「肩を寄せあって」の撮影風景。中央が横田住職

奈良県斑鳩町の横田丈実・融通念仏宗浄念寺住職(57)は同宗布教師会の会長として活躍する一方、映画監督としての顔も持つ。このほど17作目となる新作「肩を寄せあって」が完成し、4月から奈良市のならまちシアター青丹座で上映会を開いている。

映画への関心は幼い頃に祖父によく映画館に連れて行ってもらったことがきっかけで深まり、龍谷大在学中に映画研究部に在籍したのを機に映画製作を開始した。自坊に戻った大学卒業後も父の兼章住職と法務に励む傍ら映画製作を続けてきた。脚本も作成する。

もともと脚本を基に俳優が演じる劇映画を製作してきたが、転機になったのは2013年公開の「加奈子のこと」だ。

同作は妻を亡くして独居生活が始まった77歳の男が抱える喪失感などを描く。劇映画として製作したものだが「妻を亡くして『さびしい』と泣く独り暮らしの檀家の話」を基にした。初めて「映画とお寺の仕事が重なった」と振り返る。

当時、住職を継職する一方、東日本大震災の被災地の病院で映画の上映会を開いていた。そこに集う被災者ならではの思いの深さや医療従事者の専門性などに接して改めて自身の在り方を問われ、「檀家さんとの関わりが僧侶としての本分と思い、そちらに自然とカメラが向くようになった」という。

その後、17年に斑鳩町で暮らす7軒の家族を自ら訪問して遺影の話を聞くドキュメンタリー映画「遺影、夏空に近く」を製作した。今作の「肩を寄せあって」もドキュメンタリーで、1999年に浄念寺の隣接地に建てたテントで開いた映画の上映会に集った近隣住民20人の“その後”を尋ね歩いた。

存命は一人だけ。遺族への聞き取りや、20人のうちの一人で2019年に死去した兼章氏の最期などを収録している。「共に生きる姿と共に亡くなっていく姿。だからこそ、この瞬間が大切ということを描きたかった」と話す。

日頃の檀家参りではその人固有の物語化された話を何度も聞くことがある。「私の作品には大きな社会性はないが、そうした“小さな話”を大切にしたい」。布教師として法話する際も映画作りで出会った人々の顔が浮かぶことがある。「様々な経験を重ねてきた方々の前で法話をしているが、それぞれの人生の重さに寄り添う話ができているか」。近年はそう自問しながら考えを深めている。

(池田圭)

手話や字幕を用いて法話を伝える青龍寺住職と石川氏

手話付き法話を配信 息子の難聴判明契機に

2月2日

真言宗智山派仙蔵寺(東京都台東区)の青龍寺空芳住職(33)は難聴の息子のために手話を学び始めたのをきっかけに、手話通訳士の石川阿氏(33)と協力して手話通訳を付けた法話の…

人々の願いが書かれた護摩木を読経しながら火にくべる柴谷住職

仏教の教え 性差別ない LGBTらの悩み傾聴

12月8日

小学生の頃から男性を演じる息苦しさを感じてきた。だから、会社員時代に趣味の四国八十八カ所霊場巡りで出会った遍路仲間から女性に見られたことが何よりもうれしかった。 お遍路さ…

「お寺は檀家さんあってのもの。偉そうではいけないんです」と話す根岸住職

門戸開放、檀家あってのお寺 社会貢献にも長年尽力

11月17日

真言宗豊山派宗務所の教化部長、総本山長谷寺(奈良県桜井市)寺務長など宗派の布教、教化に関わる役職を歴任。自坊・養福寺(東京都荒川区)の興隆に努める一方、約20年にわたる保…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加