PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

北海道地震から見えるもの 成長戦略清算、宗教の可能性

北海道大名誉教授 土屋博氏

時事評論2018年11月9日 15時30分

日本での講演をきっかけにして、若い女性経済学者ケイト・ラワースの「ドーナツ経済学」という考え方が注目された(10月13日付朝日新聞掲載のインタビュー)。これは従来の右肩上がりの「成長戦略」を清算し、地球環境に配慮しながら身の丈に合った生活をするという方向を、あらためてドーナツの図を用いて考えようとするものである。21世紀は、従来の価値観の抵抗を退けて、まさにそのような経済学を再設計する機会としなければならない。

しかし、こうした考え方への抵抗は強い。大飯原発3、4号機をめぐる2014年の福井地裁判決は名古屋高裁金沢支部の逆転判決で取り消されたし、原子力規制委員会の基準も、エネルギー政策の見直しには、今のところ直ちにつながっていかない。しかし、もはやそれではやっていけないような事態が現在生じつつある。

それは、不可抗力の自然災害をきっかけとしてもたらされることになった。9月6日早朝に北海道で発生した震度7の地震は、北海道全域を停電させるいわゆる「ブラックアウト」を引き起こした。この前例のない現象は多方面に多様な形で影響を与え、その後さまざまな不安が続く。立地条件、建物の形態等々で被害のありさまは異なるが、根本的原因は北海道電力の経営状態にあった。

つまり、泊原発3基の停止を補うために苫東厚真火力発電所に全面的に頼っており、これが足を引っ張った。その際、苫東厚真を原発再稼働までの中継ぎとすることの危険性は考えられていなかった。予想されたように、これをきっかけにして、改めて原発の必要性を再考せよという論者も現れた。しかし彼らは直接の被害者ではなく、安全地帯に身を置いている。

被害の当事者たちは災害の実態を知っており、予想できない広がりを感じ取った。そのような人たちに向かって、第三者的に「両論併記」などを主張している場合ではない。

これは北海道電力だけにかかわる問題ではなく、JR北海道をも含め、道内の社会システム全体から考え直すべきである。しかし、システム構成要素相互の「選択と集中」を柔軟に考えていくことを検証委員会は避けたがる。

今回の出来事をきっかけとして、直接の被害者のみならず多くの宗教関係者が現地にかかわることになった。彼らが感じ取ったのはまず自らの無力であり、そこからひたすら現場で祈るという姿勢が生まれた(9月11日~10月4日付朝日新聞「てんでんこ」)。そこには個別教団の区別はなく、「宗教」というこだわりもなくなる。

その中で、右肩上がりの「成長戦略」や企業の「経営効率」から解放された「宗教」の本来の姿勢も、同様な形をとって自覚されてきた。宗教集団の個々の縄張りにこだわる必要は全くないが、またそれをなくす努力も不毛であろう。下手な努力は「成長戦略」と重なり、かえって「宗教」の道をそらす。本来の歩みは、個別の教団組織と利害関係を持たない信徒たちによって切り拓かれていく。新しい「宗教」の可能性も、そこから浮かび上がってくるはずである。

宗教研究者のための倫理指針 より高度の価値追究を7月12日

6月8日に京都府立大で開催された「宗教と社会」学会の総会で、学会の倫理指針が定められた。今はどこの学会も同様の倫理規定を設けるようになったが、被調査者との関係が重要な役割…

頻発する自然災害への備え 宗教者ボランティアに期待6月14日

元号が改まった。令和の時代の幕開けに平和を願う人も多いだろう。では、平成はどのような時代だったか。平成元年は世界的にも見て天安門事件、ベルリンの壁崩壊、米ソ冷戦の終結宣言…

「平成」から「令和」へ 作られたあおりに乗らず5月31日

「平成」が終わって、「令和」が始まる、とどこからともなく言われ、マスメディアも自明のことのようにその転換を報道した。若者たちは新年を迎えるようにカウントダウンし、過剰なパ…

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献

社説7月19日

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す

社説7月17日

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来

社説7月12日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加