PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

「象徴」の意味模索の今上天皇 分断を乗り越えるモデルに

北海道大名誉教授 土屋博氏
時事評論2019年3月23日 13時06分更新

従来「天皇制」と結びつけられて批判的に取り上げられることも珍しくなかった日本の元号であるが、最近いつの間にか「平成時代」という言葉があまり抵抗なく用いられている。これをきっかけに、あらためて世界の「暦」にも目が向けられるようになり(中牧弘允『世界をよみとく「暦」の不思議』2019年)、それぞれの暦の文化的意義が認識された。それは重要なことであるが、日本の「平成時代」には、天皇制の転換期という独自のニュアンスが生じている。

それをもたらしたのは、今上天皇その人であり、生前退位と新天皇即位という出来事が、「平成」という元号に対する抵抗を希薄化してきたのではないかと思われる。その背景には、今上天皇が国民に接する自らの歩みを通して終始問い続けられた、象徴天皇という新しい天皇制の在り方があった。それに対する人々の自然な共感なしには、この事態はあり得ない。そこには従来の天皇の宗教的性格も、「宗教」理解のとらえなおしとともに、再考されざるを得なくなっている。

天皇制や元号の祭政一致的性格は、宗教を特定の社会集団と結びつけることに基づく。しかし、宗教集団とは切り離して皇室祭儀等を位置付ければ、信教の自由の問題にはならず、普通の私的な習俗と変わらなくなる。今上天皇は即位以来「象徴」天皇の在り方を、さまざまな苦難の中にある国民に寄り添う目線に立って模索し続けてこられ、それはごく自然に人々の共感を呼び起こしていった。

この模索は今後も受け継がれることが新しい皇族に期待されており、それを受けての積極的対応も、すでに秋篠宮発言のような具体的な形で現れつつある。議論の分かれる皇室儀礼については、さしあたり国費は使わず、皇室の私費で賄い、今後の推移を見守っていくのが妥当であろう。このように、「宗教」のイメージを特定の宗教集団の歴史的形態に固定せず、人間が信じあうことの可能性として、流動的にとらえ返すことが今後求められてくるのではないだろうか。時代の方向は今やそういう状況に差し掛かっている。

今上天皇は在位30年にあたり「憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く、これから先、私を継いでいく人たちが、……象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています」と在位30年記念式典で述べられた。ここには終始自らのふるまいを通して苦難する国民に寄り添おうとされた天皇ご夫妻の歩みが反映されており、口先だけの政府周辺の人々が到底なし得なかった人間的共感を呼び起こしている。今や既成宗教集団も既得権益を捨てて、ここから学びなおす必要があろう。

現代世界では「壁」による深刻な分断が進むとともに、それを乗り越えようとする模索も見られる。そこには当然利害の対立があり、相互批判の応酬があるが、危機意識は共有されてきた。結局ここには、さまざまな境界線を相対化する困難な道しか残されていないであろう。相対立する既成宗教集団も、同じ問いに直面する。この際むしろ積極的に自己相対化の可能性を選ぶことによって、分断の境界に架橋するモデルとして、新たな「宗教」像を切り拓くべきではないか。

なぜ「布教」をネガティブに 善き行いに踏み出す自信を3月11日更新

昨年末から今年にかけて「現代における宗教の役割研究会(コルモス)」や国際宗教研究所の企画に出席した。最近ではいろいろな分野でアクティブラーニングが叫ばれているせいか、こう…

宗教施設の災害時協力 行政と連携の仕組み作りを2月8日更新

自然災害の頻度と規模の増大に伴い、宗教施設と自治体の災害協定の締結が増加している。このような状況にもかかわらず、政教分離原則があるから宗教施設を避難場所あるいは避難所指定…

秋篠宮さま発言が投じた問い 「成長教」の呪縛からの脱出1月25日更新

日本漢字能力検定協会が年末の恒例で全国から募集した2018年の「今年の漢字」は、「災」が最多得票をかちとった。これは直接には、地震・豪雨・台風・猛暑等の自然災害のことであ…

PR

被災地8年目の春 復興への地道な歩み

社説4月17日更新

今夏のWCRP大会 日本からの発信に期待する

社説4月12日更新

幸福度の低さ 日本社会の深刻な病理

社説4月10日更新
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加