PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

恩返しと「恩送り」 善行の連鎖で社会支え合う

大阪大教授 稲場圭信氏

時事評論2019年9月2日 12時57分

「いままでずっとチケットを使わせてもらってたけれど、今度はそれを買う」。ある青年の一言がテレビで紹介された。「子どもが集うカレー店・助け合いの工夫」と題してNHK「おはよう日本」(14日放送)が報じた奈良県橿原市にあるカレー店の取り組みのワンシーンだ。

その店には放課後になると子どもたちが集まってくる。子どもの見守りを地域でする必要があるのではないかと思っていた経営者が、子ども食堂もヒントにしながらカレー店を昨年オープンした。その店には「みらいチケット」というシステムがある。

客が、自分が食べたカレーの代金に加えて、別にカレーのチケットを買って店のボードに貼り付ける。子どもたちはその「みらいチケット」がボードにあれば、それを使って無料でカレーを食べることができる。冒頭の青年はそのチケットを使って無料でカレーを食べていたが、今度は、他の子どものためにチケットを購入したのだ。

「恩送り」という言葉がある。以前、この「時事評論」の欄でも取りあげたことがある。人から受けた善意、親切を他者に送ることを意味する。「恩返し」は親切にしてくれた人にその恩を返す行為だが、「恩送り」は別の人に親切にする。そこには、おかげ様という感謝もあろう。その感謝の気持ちから「今度は自分が少しでも社会に、人のために役立つことができれば」と行動にうつす。

いま人々の間に静かに広がる保留コーヒーの動きも興味深い。19世紀のイタリアのナポリで始まった他者への小さな善意は、21世紀に入り、アメリカをはじめ世界中に広まっていった。日本でも2013年頃から静かに浸透している。自分の飲むコーヒーに加えて、もう一杯分のコーヒー料金を余分に払うことで、他の恵まれない人にコーヒーを無料で提供できる。小さな思いやり行動だ。

なぜ、このような小さな恩送りや思いやり行動が広がっているのか。偽善や売名行為と見られたくないが人のために役立つことをしたい、親切をしたいという人はいる。その一方で、様々な事前準備が必要なボランティア活動はハードルが少し高いし、知らない人と支援を通して親密になったり、その人の人生に関わったりすることに抵抗感がある人もいる。深い関係性を持ちたがらない、それでいて誰かとつながりたい、今の時代の人間関係だ。

飲食店の小さな善意は、事前の準備は不要で、時間、労力、金銭というコストがそれほどかからず、楽しみながら気軽にできる。しかも、募金箱に入れる寄付とくらべると、自分の行為が確かにある一人のために役立つという実感が得られる。気軽さとこの実感により、小さな思いやりの取り組みが広がっているのではないか。

人からあたたかい心を向けられて人はあたたかい心を知る。思いやり行動を受けた人が思いやり行動を知るのだ。人から受けた善意を他者に渡す恩送り。その善行の連鎖により、支え合う社会がつくられていく。小さな思いやりがリレー競技のバトンのように次から次へと渡されたら、世の中、随分と明るくなることだろう。

ポスト・コロナの地球意識 消費抑制は温暖化阻めるか5月29日

コロナ危機と環境については多くの記事・論説が出ている。東京新聞の社説は、コロナ禍による非常事態宣言以前に、「気候非常事態宣言」が出ていたと指摘する(4/29)。複数の国家…

コロナと「新しい生活様式」 分断超え人間関係構築を5月15日

本稿執筆の5月10日、一日の新型コロナウイルス感染者数は下降し、終息にむかっているかのように見える。だが社会全体は依然厳しい状況で、宗教界も同様である。行事の中止や施設の…

新型コロナ禍後の世界 「いのち」重視の社会を期待4月24日

新型コロナウイルスが世界で猛威を振るう。この感染症との地球規模での戦いにあって、コロナ禍の後の社会についての言説がある。地政学的リスク分析が専門のイアン・ブレマーは、9・…

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を

社説5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか

社説5月27日

問われる宗門の役割 「コロナ後」の法灯継承

社説5月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加