PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

人間が「決定」する「リスク」 「安全」と「安心」への対応を

大阪大教授 稲場圭信氏

時事評論2020年6月12日 14時12分

新型コロナウイルスによるパンデミックは、どのような「リスク」か。ドイツのメルケル首相は3月18日、テレビで呼びかけた。「誰もが等しくウイルスに感染する可能性があるように、誰もが助け合わなければなりません」「全員が当事者であり、私たち全員の努力が必要なのです」(駐日ドイツ大使館HP)。

国際通貨基金は、4月に発表した世界経済の見通しにおいて、今回の危機は他に類を見ないものであり、「世界のどこかで感染が起きているかぎり、感染の第一波が収まったあとの再流行を含めて、パンデミックの影響を免れる国はない」と指摘している。

感染症拡大防止のために多くの宗教施設が法要や集会などの自粛をした。実質的に集うことを避け、Web会議システムによる同期型や動画による非同期型での対応も進んだ。そして、緊急事態宣言の解除後も、危険が完全に過ぎ去ったわけではないので、恐る恐る手探りをするように平常化のプロセスを歩みだした。

一方、海外では、自分は神を信じているから感染しない、神が危険から守ってくれるといった言説もあった。しかし、パンデミックや大災害などの危険はあらゆる人にふりかかる。ドイツの社会学者、ベックは近代化により安全地帯で暮らせる「私たち」と危険なところにいる「他者」という構図は崩壊したと指摘した(『危険社会』)。

危険と似た言葉で「リスク」がある。社会学者のルーマンは、起こりうる損害が外部の環境に帰属する場合を「危険」と規定し、起こりうる損害が人間の「決定」に帰属する場合を「リスク」と呼ぶ。「危険」は個人が何らかの形で制御できないものであり、まさに大地震やパンデミックは「危険」に分類される。それは、個人の選択決定によって避けることができるものではない。しかし、パンデミックにあって、個人が、あるいは組織の構成員が感染するか否かは、ある程度、組織と個人の行動の選択と決定に帰責するため「リスク」とも言える。

「リスク」があっても組織への「信頼」があれば、あるいは宗教指導者に対する「信頼」があれば、その構成員は「リスク」を取ることができる。しかし、宗教的救済観により、神が守ってくれるからと感染症対策をせずに宗教施設を開くことは「危険」だ。宗教施設としては、感染症対策をとることが第一である。それでも感染してしまった人には、責任を追及するのではなく、社会が対応する。

14世紀の黒死病大流行で教会の権威が失墜する一方、メメント・モリ(死を想え)が語られ、神への直接的な信仰心を深める人もいた。今、宗教者はどう対応するか。宗教施設での活動を再開することには確かに「リスク」もある。一方で、自粛のままでは、別の「リスク」も膨らむ。信者の不安に対応できないシステムは、崩壊、消滅するからだ。前のめりになり、「リスク」を無暗な覚悟を持って振り払うのではなく、正しく恐れ、感染防止の「安全」対策を講じたうえで、段階的に開いていく、信じる者に「安心」を与えていくことが大切だ。苦に寄り添ってきた宗教は、今回の危機も乗り越えてゆくであろう。

コロナ禍で見えてきたもの 「信仰共同体」新たな可能性6月26日

私事で恐縮であるが、勤務先の東工大は4学期制でコロナ禍で数週間遅れたものの、ちょうど今が1学期の終わったところだ。私のばあい全講義がインターネットを介したライブ中継。最初…

ポスト・コロナの地球意識 消費抑制は温暖化阻めるか5月29日

コロナ危機と環境については多くの記事・論説が出ている。東京新聞の社説は、コロナ禍による非常事態宣言以前に、「気候非常事態宣言」が出ていたと指摘する(4/29)。複数の国家…

コロナと「新しい生活様式」 分断超え人間関係構築を5月15日

本稿執筆の5月10日、一日の新型コロナウイルス感染者数は下降し、終息にむかっているかのように見える。だが社会全体は依然厳しい状況で、宗教界も同様である。行事の中止や施設の…

中国との宗教間対話 立場の違い超え真の交流を

社説7月8日

拡大する格差と差別 問われる「平等」の理念

社説7月3日

憲法第89条解釈 宗教界の広い議論が前提だ

社説7月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加