PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

フランス初の女性イマーム 男女平等イスラーム目指す

東京大准教授 伊達聖伸氏

時事評論2021年5月14日 13時35分

2019年にフランスで初めて女性のイマームとなったカーヒナ・バフルールが、このたびアルバン・ミシェル社から『私のイスラーム、私の自由』を刊行して話題になっている。

1979年パリ生まれの彼女はアルジェリア育ち。父親はカビリア地方のベルベル人でマラブー(イスラームの聖者)の家系に連なるという。母親はフランス人で無神論者。母方の祖父はカトリックで、母方の祖母はポーランド系ユダヤ人だった。三つのアブラハムの宗教と世俗の思想という異質な多様性がカーヒナのなかには流れ込んでいる。

子ども時代はイスラームの文化で育ったが、90年代のアルジェリア内戦を経験してイスラーム主義の政治的台頭を間近で目撃した彼女は、「宗教」からは遠ざかっていたという。アルジェリアで法律を修め、24歳で来仏。父親を亡くし、精神的危機に直面したのが人生のひとつの転機となる。スーフィズムを発見し、「スピリチュアルなイスラーム」を選びとった。

バフルールは人文社会科学のアプローチを用いたイスラーム学をパリ高等研究実習院で学んだ。礼拝の導師であるイマームの性別に関してクルアーンにはまったく規定がないことを知った彼女は、ニューヨークで女性としてイマームを務めたアミーナ・ワドゥードや、コペンハーゲンで女性主導のモスクを設立したシェリン・カンカンに着想を得て、女性も男性も一緒に祈ることのできるファーティマ・モスクを設立した。

女性主導のモスクを作った彼女は、SNSなどでの中傷や脅迫も経験してきた。それでも、イスラームの教えは女性のイマームを禁じていないことを示してきた努力の成果か、モスク設立当初のような嫌がらせは減ってきたという。

アルジェリア内戦で多くの女性がヴェール着用を強制されるのを見てきた彼女にとって、この布切れは忌まわしい過去の思い出と結びつく。彼女自身はヴェールを被らないが、被りたい人の自由は尊重されるべきであると考えている。

彼女は必ずしもフェミニズムを表看板にはしない。フェミニストに敬意を払いつつ、女性としてというより不正義に異議を唱える人間として輪を広げたいと考えているようだ。ファーティマ・モスクは非ムスリムにも門戸を開いている。

現在のフランスでは、ライシテという政教分離原則や男女平等が守るべき共和国の価値とされている。そこには、イスラームはライシテと矛盾する傾向を持つ女性差別的な宗教という含みが見え隠れするが、カーヒナ・バフルールが提唱するのはライシテに適合する男女平等のイスラームである。ちなみに、フランスのマジョリティ宗教であるカトリックは現在でも女性聖職者を認めていないことを言い添えておこう。

モスクの運営は財政的には厳しい面もあるようだが、コロナ禍でのオンライン説教など、活動を工夫している。彼女の見るところ、現代フランスでは自分たちの伝統をよく知りたいと思っている若者たちは多く、合理主義的でリベラルなイスラームには将来性があるという。社会の分断の進行を食い止め、多様な人びとを連帯に向かわせる役割が期待される。

目的と手段の取り違えの危険 必要なコミュニケーション 稲場圭信氏6月11日

今、東京五輪・パラリンピックの開催をめぐって政府、専門家、国民の中に分断が生じている。国民の間では「開催する」50%、「中止する」48%で世論が二分されている(読売、6月…

教えは「密」なもの 人間存在の根幹に関わる 川瀬貴也氏5月28日

今回からこの欄の執筆者の一員となりました。まずは自己紹介がてら、最近私が考えていることを申し上げたいと思います。私は日本と韓国の近代宗教史を専門に研究していますので、韓国…

「無駄」のもつ重要性 効率では置き換えられない 弓山達也氏4月23日

4月17日の東京新聞に「コロナ禍全人的学び喪失」という見出しがあった。記事を書いた蒲敏哉社会部記者の意図は大学生の在籍延長と支援を求めるものであるが、彼は大学生にとって必…

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場

社説6月11日

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ

社説6月9日

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に

社説6月4日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加