PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

教えは「密」なもの 人間存在の根幹に関わる

京都府立大教授 川瀬貴也氏

時事評論2021年5月28日 11時56分

今回からこの欄の執筆者の一員となりました。まずは自己紹介がてら、最近私が考えていることを申し上げたいと思います。私は日本と韓国の近代宗教史を専門に研究していますので、韓国の話題から話を進めたいと思います。

いささか旧聞に属しますが、昨年2月に韓国において通称「新天地」というキリスト教系新宗教が新型コロナウイルスに集団感染し、大きな問題となったことがありました。この騒ぎを受け韓国では、プロテスタント、カトリックなどの伝統宗派も礼拝を中止、もしくは制限していると聞き及んでいます。

宗派によってばらつきがあり、一概には言えないとは言え、韓国のキリスト教は日本のそれと比べて「信仰熱心」で「海外伝道も盛ん」であることが知られています。現在の日本にも多くのニューカマーの韓国人伝道師が存在していますし、日本の教会はそのエネルギーにあやかりたいと思っている節さえ見受けられます。

しかし、よくよく考えてみると、韓国でこの教会がクラスターと化したのは、まさに教会にぎゅうぎゅう詰めになって毎週共に祈り、歌い、食べるというような、コロナ以前の世界なら褒められるような「信仰熱心さ」ゆえです(教えの内容はここでは問わないことにします)。

今更確認するまでもないと思いますが、宗教の現場や、筆者が携わっている教育現場でも、以前なら推奨され褒められるべき「親密さ」がすっかり逆転した価値付けをされています。

本紙を読んでいらっしゃる皆様にはまさに「釈迦に説教」以前のお話ですが、そもそも宗教は「祈り」「教え」「癒やし」と、「密な営み」が生命線だったわけです。密教は元々「秘密の教え」という原意を持ちますが、師匠から弟子という密な関係で伝承されていたものです(「三密」という言葉は今や密教用語ではなくなってしまった感がありますが……)。

「密」といえば、秘密、というニュアンスもあります。つい先日、これまで外部の人に大っぴらに見せることがなかった東大寺二月堂の修二会の「お水取り」内部の様子がテレビ中継されました。この中継も、参拝者を制限して行われるなかで、せめて祈りを多くの人々に届けたいという思いから企画されたようです。

その思いは確かに中継を通して届いたでしょうが、やはり「その場に立ち会いたかった」という隔靴掻痒感も否定できなかったと個人的に思いますし、「秘密」ならばこそ、という宗教の機微もいささか減じたのではないでしょうか。

「お水取り」と比べるのもおこがましいですが、この1年ほど私が行っている大学での遠隔講義も、常に隔靴掻痒感との戦いであると言っても過言ではありません。やはり「教え(の場)は密なもの」である(べき)という思いは拭いきれません。

「密」であることは、大袈裟に言えば「人間存在の根幹」に関わっているような気がします。人間は人と会い、人と密な関係を持つために生きている、という当たり前すぎることを、このコロナ禍で改めて自覚させられた、というのが偽らざる気持ちです。

オンライン国際学会 コロナ禍、試行錯誤の運営 櫻井義秀氏9月10日

7月12日から15日まで、ベルギーに事務局がある国際宗教社会学会(ISSR)大会が開催された。本来は台北市の台湾中央研究院で開催予定だったが、コロナ禍のため2023年に繰…

さかはら監督「AGANAI」 「対話」は継続するべきだ 川瀬貴也氏8月20日

1995年は、阪神・淡路大震災とオウム真理教による地下鉄サリン事件が起きた「厄災の年」として、人々の記憶に刻まれる年であろう。その地下鉄サリン事件から4半世紀以上の歳月が…

Can we celebrate? 東京2020五輪は祝福されるか 伊達聖伸氏7月30日

宗教学には祭についての分厚い研究蓄積がある。オリンピックを宗教研究の観点から論じることも可能だろう。フランスのクーベルタンが発案した近代オリンピックは、ライシテの時代の世…

欲望と宗教心 仏性は自覚されて働く

社説9月22日

「テロとの戦い」の錯誤 宗教者の平和活動の意義

社説9月17日

東京五輪の光と闇 開催理念の再確認を

社説9月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加