PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

第17回「涙骨賞」を募集

論文部門と実践部門 末木氏、島薗氏、釈氏が選考委員

中外日報社は第17回「涙骨賞」を募集します。本賞は創刊者・真渓涙骨(1869~1956)にちなんで設けたもので、広く精神文化をテーマとする論文と、信仰に基づく様々な活動を実践する個人・団体を顕彰することを目指しています。

選考委員に、国際日本文化研究センター名誉教授の末木文美士氏、上智大教授の島薗進氏、相愛大副学長・教授の釈徹宗氏を迎え、両部門を審査します。

「論文部門」は精神文化振興に寄与する清新な論考をお寄せください。「実践部門」は、信仰を人々のために生かすユニークな活動を続ける宗教者、団体のご推薦をお待ちしています。

募集要項

論文部門

応募資格

不問

募集内容

論文・評論・エッセー・ルポルタージュなど、1人1編、日本語で未発表の作品。本文・注釈含め1万~2万字程度。パソコンを使用(A4用紙に1200字=40字×30行を目安に)。手書きは不可

テーマ

宗教・芸術・思想・文芸・歴史・生命倫理など人間の精神文化に関わるもの全般

応募方法

作品はEメールに添付。郵送の場合は記録メディアとプリントを送付してください

表彰・賞金

涙骨賞(1編)=賞金30万円▽奨励賞(若干)=賞金10万円


実践部門

対象

教化・布教や教育・福祉事業、ボランティア、地域・社会活動、その他の実践活動を展開している宗教者(個人または団体。個人の場合、年齢、職業、特定の宗教団体に所属しているか否かなどは問いません)

推薦方法

弊社ホームページ(https://www.chugainippoh.co.jp/)の「涙骨賞募集」欄にある規定書式を用い、涙骨賞実践部門の候補として推薦する理由などを明記して、Eメールまたは郵便でお送りください

表彰・賞金

涙骨賞(1件)=賞金30万円▽奨励賞=賞金10万円

締め切り 両部門とも2020年12月31日(郵送の場合、当日消印有効)
応募作品(記録メディア)は返却しません
結果発表 両部門とも2021年4月(予定)

受賞者・作品は紙面とホームページで紹介(受賞作の掲載・出版優先権は中外日報社に帰属します)

作品および推薦書の送付先

〒601-8004 京都市南区東九条東山王町9番地 中外日報社「涙骨賞」応募係
Eメール=「涙骨賞」応募係 問い合わせ=電話075(671)3211

PDFをご利用ください 第17回「涙骨賞」募集チラシ PDF(約2.2MB)

涙骨賞〈実践部門〉推薦書フォーム

お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加