PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

神武天皇の歴史学…外池昇著

2024年6月12日 10時01分
神武天皇の歴史学

挑戦的な本書の書名にはある種の皮肉が込められている。戦後の歴史学が、神武天皇の研究を怠ってきたという問題提起だ。実在か否か、紀元節復活への賛否を問わず、神武天皇の物語と古代国家の形成の関係の解明は重要な課題だとする60年前の指摘を踏まえ、近代史でも同様であると著者は述べる。

その具体例が、神武天皇陵の所在地論争だ。孝明天皇の勅裁で現在の「神武田」に決定され、終止符が打たれたかに見えた。しかし、否定された「丸山」説も想定以上に影響力を持ち続けていたことを、関係者の言説や動向を基に描き出していて興味深い。諸説の間にある見えない糸が感じられる構成だ。

神武田は畝傍山の東北の平地にある小塚。一方、丸山は畝傍山の中にあり、古事記の記述に合うとして本居宣長や蒲生君平らが主張。幕末の陵墓修復に関わった北浦定政や旧跡保存に尽力した富岡鉄斎も支持した。北海道神宮宮司を務めた白野夏雲は、神武陵参拝のたびに疑念が生じると記すのだから穏やかではない。明治以降も政府側は神武田説を擁護する必要に追い込まれていたと分析する。

実は神武田説に決定したのは孝明天皇自身の認識によるらしい。結論ありきで幕府に調査させていた形跡がある。橿原神宮の創建や建国記念の日制定についても論じている。

定価1980円、講談社(電話03・5395・5817)刊。

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

7月16日

人間の救済や幸福を追求するはずの宗教が差別や排除を生み出している実態を厳しく告発する。著者は障害児教育を専門とする教師として養護学校などに長年勤め、牧師としても障害や国籍…

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

7月12日

本書の論点は「大乗仏教における小乗蔑視の展開を明らかにすること」にある。それによって著者は、インドに存在した声聞蔑視・声聞乗蔑視が、中国に至って偽経中に声聞批判・声聞乗批…

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

7月12日

東洋哲学研究所の創立者である池田大作SGI会長が昨年死去した。巻頭に桐ヶ谷章・前所長や、親交の深かった中国、ロシアの識者による追悼文を掲載している。 特集「つながらない時…

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)

社説7月19日

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加