PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

凝然大徳の『八宗綱要』 大久保良峻氏1月12日

『八宗綱要』の特色 今秋700年御遠忌法要が東大寺で営まれる凝然(1240~1321)は華厳教学の大学匠であるが、そのことよりも諸宗兼学の学僧であることが知られているよう…

コロナ禍に宗教が学ぶもの 島薗進氏1月12日

中国の武漢での新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の流行からほぼ1年が経過した。流行はまたたく間に世界各地に広がり、昨年12月1日の時点で、感染者数は6千万人を超…

希望はどこにあるのか?―コロナ禍の中で近代を捉え直す 末木文美士氏1月5日

本稿を執筆している11月下旬、新型コロナウイルス感染症は世界的に猛威をふるい続け、日本国内の流行も第三波で危機的な状況にある。当初数カ月程度で収まるのではないかと、漠然と…

伝教大師は智者大師の後身 桑谷祐顕氏1月5日

本年6月4日、宗祖伝教大師1200年遠忌御祥当を迎える。それに際し、古来より重視、継承されてきた本宗重要宗義を紹介し、記録に留めておきたい。 本来、仏教は三界煩悩の惑業を…

PR

知識あふれても知恵ない時代 コロナ禍、安全・安心は…1月15日

2020年は世界中がコロナ禍に翻弄された。年が明けても世界的に感染症の猛威は続いている。安全も安心も不在だ。『広辞苑』(第七版)によると、安全は「安らかで危険のないこと。…

百年前、スペイン風邪の猛威 病への恐怖と祭りの熱狂12月11日

連日、伝えられるコロナ禍の報に接する度に、100年前のスペイン風邪禍の時はどうだったのだろうと気になる。朝日・毎日・読売の全国紙については、インターネット上の検索も可能な…

試行錯誤のコロナ対策 過ちはためらわず改めよう11月27日

GoToキャンペーンのことである。このコラムが出るまでに中止されることを期待して書いている。 北海道は新型コロナウイルス感染の第3波にある。GoToトラベルに10月から東…

大統領選でQアノン台頭 米福音派に近く日本も注意を11月13日

米国大統領選挙が終了した。落選したトランプ候補は選挙の不正を訴えるが、デマとして扱われている。 選挙中に見えてきたのはトランプ支持者にQアノンの陰謀論が浸透していることだ…

阪神淡路27回忌 未来に語り継ぐ課題

社説1月22日

宗教縁の時代 キーワードはソロ社会

社説1月20日

見える構造的課題 社会参画型仏教の現況から

社説1月15日
顔認証付き検温器「QHT」 PR
お知らせ