PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

荒行堂という修行現場を通して―地下鉄サリン事件から25年⑦ 戸田日晨氏10月27日

(1)行堂改革と重なり合うオウム問題 オウム真理教事件について私が述べられることには限りがありますが、「荒行堂」という日蓮宗の僧の修行道場において、行僧時代から現在の「傳…

宗教報道の問題―地下鉄サリン事件から25年⑥ 櫻井義秀氏10月20日

[事件の真相/深層とは何か] オウム真理教が松本サリン事件と地下鉄サリン事件においてそれぞれ7人、13人の無辜の民を殺害し、数千人の人々に重軽傷を与えた事件から四半世紀が…

後を絶たない「カルト被害」―地下鉄サリン事件から25年⑤ 紀藤正樹氏10月16日

1 死刑執行後のオウム真理教 オウム真理教の教祖であり、一連の事件の首謀者である松本智津夫とその弟子たち13人の死刑が2018年7月に執行されてから2年が経過した。一連の…

オウム後継団体の現在―地下鉄サリン事件から25年④ 中山尚氏10月13日

はじめに 私は地下鉄サリン事件後の1996年にオウムに入信し、アレフ、ひかりの輪と約20年間、信者としての活動を続けてきた。オウムの後継団体は現在、主流派(Aleph=以…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

「利益・効率」追求の陥穽 多様性によるイノベーション10月23日

日本学術会議の新会員候補6人を首相が任命拒否したことに対し、学問の自由への介入として各学術界から抗議の声明が出ている。「総合的・俯瞰的」という言葉が連呼される状況下、この…

宗教行事がネット空間に 新たな意味帯び継承発展10月9日

本紙9月25日号に既報だが、神道国際学会で「国難と信仰」という報告をした。その準備で100年前のスペイン風邪禍の初詣やお盆を調べたが、驚いたことに1日に何百人も亡くなった…

新たな精神的感染症 「トランプ支持者」の陰謀論9月25日

新型コロナウイルス感染症(以下「コロナ」)は、身体症状だけでなく精神的感染症をも引き起こす。半年前の時評欄では兵器説と反中差別感情との関連を取り上げ、注意をうながした。そ…

安心安全の地域づくりへ 分散避難で貢献する寺社9月11日

長引く厳しい残暑の中、7月豪雨被災地では、コロナ禍にあって限られた人手で復旧作業が行われた。そこに今度は台風9号、10号が連続して襲来した。 史上最強クラスと予想された台…

デジタル化の国策 IT化社会の宗教の位置は

社説10月28日

流行神は去る 目先優先の政治姿勢は危険

社説10月23日

異なる原理 最善の交流の道を探るべき

社説10月21日
お知らせ