PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

彼女たちはなぜ死ぬべきなのか 堀内みどり氏6月3日

「伝統的に、花嫁の家族は花婿やその両親に、時には過度に金銭や物を贈り、女性が新しい家庭で大事に扱われるようにしてきた。持参金の授受はインドでは違法だが、同じペースで行われ…

顕本法華宗の日蓮聖人御降誕800年慶讃事業の意義 中尾堯氏5月27日

顕本法華宗総本山の京都妙満寺では、5月22・23日の両日にわたって、日蓮聖人御降誕800年の慶讃大法要が営まれる。この法要にあたり、令和の修復が終わった宗門の至宝、日蓮聖…

日本中世の真言宗と祈祷 西弥生氏5月20日

天皇の御衣を加持し、国家安泰・玉体安穏・万民豊楽・五穀豊穣を祈る真言宗の重要な恒例法会、後七日御修法が、本年も1月8日より智積院の布施浄慧化主を大阿闍梨として執り行われた…

陰陽道研究の現在 細井浩志氏 赤澤春彦氏5月13日

陰陽師は中国に起源を持つ占い、呪詛祓いや星祭りのような呪術・祭祀を行い、日の吉凶や方違えを指導する占い師・呪術師であり、その術や組織が陰陽道と呼ばれる。今日、陰陽道は日本…

目的と手段の取り違えの危険 必要なコミュニケーション 稲場圭信氏6月11日

今、東京五輪・パラリンピックの開催をめぐって政府、専門家、国民の中に分断が生じている。国民の間では「開催する」50%、「中止する」48%で世論が二分されている(読売、6月…

教えは「密」なもの 人間存在の根幹に関わる 川瀬貴也氏5月28日

今回からこの欄の執筆者の一員となりました。まずは自己紹介がてら、最近私が考えていることを申し上げたいと思います。私は日本と韓国の近代宗教史を専門に研究していますので、韓国…

フランス初の女性イマーム 男女平等イスラーム目指す 伊達聖伸氏5月14日

2019年にフランスで初めて女性のイマームとなったカーヒナ・バフルールが、このたびアルバン・ミシェル社から『私のイスラーム、私の自由』を刊行して話題になっている。 197…

「無駄」のもつ重要性 効率では置き換えられない 弓山達也氏4月23日

4月17日の東京新聞に「コロナ禍全人的学び喪失」という見出しがあった。記事を書いた蒲敏哉社会部記者の意図は大学生の在籍延長と支援を求めるものであるが、彼は大学生にとって必…

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場

社説6月11日

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ

社説6月9日

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に

社説6月4日
お知らせ