PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2020
PR
宗教文化講座2020 墨跡つき仏像カレンダー2020

釈尊と仏弟子たちの活動地域―釈尊教団形成史と釈尊の生涯② 金子芳夫氏3月24日

釈尊と仏弟子たちの活動地域を最も端的に物語るのが「中国」と「辺国」という言葉である。この言葉はもともとは律蔵において、出家希望者をサンガに入団させる手続き(授具足戒)とし…

釈尊伝研究と釈尊教団―釈尊教団形成史と釈尊の生涯① 森章司氏3月16日

私たち「釈尊伝研究会」は昨年(令和元年)の11月16日に「原始仏教聖典資料による釈尊伝の研究」の完成報告会を催し、その場で『釈尊および釈尊教団形成史年表』と『釈尊の生涯に…

汎太平洋仏教青年大会 ― その光と影 ― 中西直樹氏3月12日

世界各地で、宗教・宗派間対立に端を発する紛争や戦争が後を絶たない。これに対して、日本仏教界でも、世界平和や宗教間対話に関する取り組みがないわけではない。戦後、昭和25(1…

井筒俊彦のオットー解釈 ―宗教の深みへの探究― 澤井義次氏3月5日

現代の宗教学において、ルードルフ・オットー(1869~1937)の名は、宗教学の古典的名著『聖なるもの』の著者として広く知られている。オットーの宗教論は、これまで長年のあ…

全線開通した常磐線 なお残る「景色の不自然さ」3月27日

3月14日に全線再開通した常磐線に乗って福島県双葉郡に行ってみた。クラウドファンディングによって再建されるという双葉町の初發神社と浪江町の両竹諏訪神社に前々から参りたいと…

宗教団体のボランティア 普段から共に生きる歩みを3月13日

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、様々な活動が中止・延期となっている。各方面での影響は甚大である。宗教団体の諸活動も例外ではない。一方で、感染鎮静化の祈願が執り行われ…

新型肺炎、陰謀論と差別感情 恐れるべきは精神的感染症2月28日

新型コロナウイルス感染症が広がっている。国内で確認された感染者は2月18日時点で615人(朝日新聞のホームページ)。しかし検査対象者が限られているので氷山の一角だろう。2…

「退路」断ち被災地移住 無視できない家の墓の問題2月14日

1月末に福島県川内村で開催された極寒キャンプなるものに参加してきた。誘ってくれたのは主催者の一人で会場となったいわなの郷に勤務する関孝男氏だ。暖冬で極寒とまではいかなかっ…

地下鉄サリン事件25年 語り継ぐべきものの選択

社説3月27日

“復興五輪”の下で 原発事故への怒りやまず

社説3月25日

いのちとは何か 限定不可能な無限の尊さ

社説3月19日