PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

門首継承式、規模縮小 総長方針演説を公開 大谷派6月1日

真宗大谷派は25日、2020年度の宗務方針に関する但馬弘宗務総長と齊藤法顕財務長の「演説」内容をメディア向けに公開した。但馬総長は新型コロナウイルス問題を受け、宗派一般会…

宗派一丸で終息へ祈り 東寺真言宗、100万遍念誦運動6月1日

東寺真言宗(総本山教王護国寺、京都市南区)の全国の末寺院で15日から24日までの10日間、「東寺金堂本尊薬師瑠璃光如来御真言100万遍念誦運動」が行われた。総本山教王護国…

参拝者減で歳入が厳しい本山本願寺(京都市下京区)

当初予算費7000万円減 本願寺派、本山からの回付金5月29日

浄土真宗本願寺派が本山本願寺から受け取る回付金が2019年度は当初予算額より7千万円少ない11億8千万円となることが、25日の宗門・本山協力体制総合調整会議で明らかとなっ…

宗教法人へ持続化給付金先送り 与党調整進まず5月29日

宗教法人・宗教団体を対象に加えることが検討されていた経済産業省の持続化給付金について、政府・与党は27日の段階で是非の判断を先送りしていることが明らかになった。自由民主党…

托鉢自粛や坐禅会中止 専門道場のコロナ対策 妙心寺派5月28日

伝統を守りつつ修行する禅の道場でも、新型コロナウイルスの感染防止のため、托鉢の中止や毎日の体温確認、消毒の徹底など様々な工夫が行われていることがこのほど明らかになった。 …

春季大祭「参列者なし」相次ぐ 靖国・護國神社5月28日

戦没者を祀る靖国神社や各地の護國神社では、例年多数の遺族が参列して春秋に大祭を行うが、今年4~5月の春季大祭では神職・役員のみ、神職のみでの斎行が相次いだ。終戦75年を前…

晋山式を終えて中金堂を退堂する森谷貫首(右端)

森谷貫首が晋山 「寺院財政の確立図る」 興福寺5月27日

昨年9月に就任した法相宗大本山興福寺の森谷英俊貫首(70)の晋山式が24日、奈良市の同寺で営まれた。信徒総代ら約30人のみが参列した。当初は3月に予定していた。後日、披露…

持続化給付金、宗教法人への適用巡り議論5月27日

新型コロナウイルスの影響を受けた中小の事業者などを支援する持続化給付金の申請受け付けは1日から始まったが、宗教法人などに対する適用の是非について、宗教界内部で議論が生まれ…

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を

社説5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか

社説5月27日

問われる宗門の役割 「コロナ後」の法灯継承

社説5月22日