PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020
生と死を統合する生き方を目指す医師 帯津良一さん

生と死を統合する生き方を目指す医師 帯津良一さん

5月25日

東京大を卒業後、当時がん治療の最先端だった都立駒込病院でメスを振るった。しかし西洋医学の限界を感じ、中国医学を学ぶため北京に渡った。現地では胸がぱっかりと開いた患者から挨…

葬祭文化の地位向上・発展を図る全葬連会長 石井時明さん

葬祭文化の地位向上・発展を図る全葬連会長 石井時明さん

5月12日

17歳の時に葬儀社を継承し、以降約50年もの間、葬祭業に携わる。全国57事業協同組合が加入する葬儀社ネットワーク・全日本葬祭業協同組合連合会(以下、全葬連)の会長を務める…

釈尊の慈悲心を二胡の調べと共に伝える 姜暁艶さん

釈尊の慈悲心を二胡の調べと共に伝える 姜暁艶さん

4月20日

コンサートばかりでなく、多くの生徒に二胡を教える姜さんは医学博士でもあり、音楽療法を実践している。仏教と出会い、心が救われたという姜さんは「仏教の神髄をもっと勉強したい。…

身延山久遠寺に参り続ける元大関魁皇 浅香山博之さん

身延山久遠寺に参り続ける元大関魁皇 浅香山博之さん

4月7日

通算勝ち星1047。幕内在位は歴代最多の107場所を数え、大関を10年以上張り続けた。子どもの頃からの怪力は取り組みでも発揮され、右上手を取ったときの強さは他を圧倒。横綱…

河内音頭を40年唄い続ける大阪夏の顔 河内家菊水丸さん

河内音頭を40年唄い続ける大阪夏の顔 河内家菊水丸さん

3月12日

今年でプロデビュー40年目を迎える伝統河内音頭継承者。盆踊りが盛んな大阪・河内地方を中心に、夏はほぼ休みなしで櫓に上り、音頭を取る。 毎年盆踊りで大勢が踊る和宗総本山四天…

写真の力で文化財保護に取り組む「東京カメラ部」代表 塚崎秀雄さん

写真の力で文化財保護に取り組む「東京カメラ部」代表 塚崎秀雄さん

2月25日

ソーシャルメディアを活用したコミュニケーション設計を手掛ける一方で、延べ利用者数440万人の日本最大級の審査制写真投稿サイト「東京カメラ部」を運営。写真を用いた新たな魅力…

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を

社説5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか

社説5月27日

問われる宗門の役割 「コロナ後」の法灯継承

社説5月22日