PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
お知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

現代中国におけるイスラーム復興と他者の包摂 奈良雅史氏7月20日

排除と包摂 「あなたは回族ですか、漢族ですか?」 「日本からの留学生です」 「そうではなくて、あなたは回族なんですか? ここ(モスク)は回族の場所ですよ」 2008年にわ…

顕・密「聖教」に見る日本中世の仏法 永村眞氏7月13日

古代から日本社会に深く浸透し大きな影響力を与えてきた「日本仏教」は、長年にわたり形づくってきたその姿を、近代に至り大きく変えてしまった。その変化のきっかけは、言うまでも無…

宗教的言説の難しさ―曽我量深没後50年④ 都真雄氏7月7日

■自覚の重要性と難解な仏教語 仏教者として筆者は、自らの実存における自覚の重要性を実感している。その点については既に真宗大谷派の曽我量深(1875~1971)をはじめとし…

曽我量深の「還相回向」理解をめぐって―曽我量深没後50年③ 藤原智氏7月3日

近現代における真宗教学に多大な影響を与えた人物が曽我量深である(詳細は本連載①の名和論考参照)。曽我の代表的論考を収録した『曽我量深選集』全12巻(弥生書房、以下選集)を…

曽我量深における「法蔵菩薩」感得の意義―曽我量深没後50年② 武田未来雄氏6月30日

近代の真宗教学者である曽我量深はどのように親鸞の思想を解明したのであろうか。また、その思想は、現代を生きる我々にとってどのような可能性をもたらすものであろうか。 ■清沢満…

曽我量深研究の可能性―曽我量深没後50年① 名和達宣氏6月26日

6月20日に真宗大谷派を代表する教学者・曽我量深(1875~1971)の50回忌を迎える。この節目を機に、本欄に「曽我量深没後50年」と題して同派教学研究所の研究者4人に…

謎多い絵師・俵屋宗達の実像 栗原啓允氏6月22日

江戸の最初期、慶長・元和・寛永期を彩った多くの絵師の中でも俵屋宗達は最も著名な一人でありましょう。「風神雷神図屏風」「蓮池水禽図」「牛図」等に代表される数多くの名作を残し…

ティラウラコット遺跡発掘の現状 則武海源氏6月16日

釈迦族の居城にして釈尊出家動機(四門出遊)の地であるカピラ城跡と目されるティラウラコット遺跡では、英ダラム大学のロビン・カニンガム教授を中心に各国からの考古学者が参加した…

慰霊式は簡素化しても 歴史を振り返る8月に

社説8月5日

どこに希望があるか 核軍事体制とコロナ後の世界

社説7月31日

愛国心の悪用 共生に逆らう動き警戒を

社説7月29日
お知らせ