PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

阿弥陀仏、あるいは超越なき生成の力 守中高明氏1月17日

法然・親鸞・一遍へと受け継がれ、深化し徹底化されていった日本中世浄土教――その思考と〈信〉を現代社会において真に実効性をもつ変革の力として甦らせるために、私たちはなにを考…

《新年座談会⑥》コロナ後、社会・宗教どう変わる?― 読み替えで日本仏教豊かに 安藤礼二氏 中島岳志氏 釈徹宗氏1月14日

安藤 釈先生は『教行信証』についてどのようにお考えですか。 釈 自分の主著に法然を引用しないのは明らかに不自然なので、親鸞には意図的なものがあったのでしょう。それは正式な…

《新年座談会⑤》コロナ後、社会・宗教どう変わる?― 贈与としての言葉、宗教者に必要 安藤礼二氏 中島岳志氏 釈徹宗氏1月13日

釈 「自分たちが良い先祖になるのだ」。そう思う人は世界中におられるでしょうし、縮んだ時間を延ばすのが現代人のテーマだと先ほど言いましたが、心と体に流れている時間を延ばす人…

《新年座談会④》コロナ後、社会・宗教どう変わる?― 贈与としての言葉、宗教者に必要 安藤礼二氏 中島岳志氏 釈徹宗氏1月12日

釈 中島さんが提起されたコロナ下の葬儀・法要の問題、宗教学ではまとめて「死者儀礼」と申しますが、きちんと行えませんでしたね。それに対して何とも言えない思いを抱えておられる…

《新年座談会③》コロナ後、社会・宗教どう変わる?― 死者の権利、取り戻せ 安藤礼二氏 中島岳志氏 釈徹宗氏1月11日

釈 危機状況になると安易な二項対立を立てて分かりやすい理屈に飛び付いてしまうことがしばしば起こります。『サピエンス全史』の著者ユヴァル・ノア・ハラリ(1976~)はコロナ…

《新年座談会②》コロナ後、社会・宗教どう変わる?― グローバリズムの果てに危機 安藤礼二氏 中島岳志氏 釈徹宗氏1月8日

釈 国連でSDGs(持続可能な開発目標)が課題として提出されたように、「人間の過剰さ」は考え直すべき問題として多くの人々に共有されていると思います。生態系から逸脱するほど…

《新年座談会①》コロナ後、社会・宗教どう変わる?― グローバリズムの果てに危機 安藤礼二氏 中島岳志氏 釈徹宗氏1月7日

新型コロナウイルス感染症が世界で最初に確認されてから丸2年たった。ウイルスは変異を繰り返して終息の兆しは今も見えず、感染再拡大を警戒しながら生活・活動の在り方を模索する日…

水平社創立100周年を迎えて― 西本願寺教団のこれまでとこれから 神戸修氏1月6日

1922年3月3日、「人間を尊敬する事によって自らを解放せんとする者の集団運動」たる全国水平社が結成された。特に「決議」に掲げられた糾弾は、当時支配的だった「差別は差別さ…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日